おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

マラソンの弱点を坂道トレーニングで克服

スポンサーリンク

長距離走に特化したトータルワークアウトのLONG DISTANCEのトレーニングログです。

 

いつものトレーナーさんはまだLONG DISTANCEトレーニングは担当できないそうなので、別のトレーナーさん(以下LONG氏)にお願いしています。LONG DISTANCEのトレーニングができる人は他にもいるのですが、フルマラソンの経験が無い人もいます。そういう人に当たると、屋内でずっと筋トレ&トレッドミルで追い込まれて、外で走る練習ができないので、フルマラソン経験者のLONG氏に見てもらっています。年に数回フルマラソンに出ているそうなので、アドバイスも実地経験に基づいててすごく参考になるんですよね。

ロング・ディスタンス|TOTAL Workout


 

「おにぎりさん、自分の走りの弱点って何だと思いますか?」

「えーと。。。おそい」

(#^ω^) 

 ①心拍数がすぐ上がる

 ②ストライドが大きい

 ③肩甲骨と背中を使った腕振りができていない

 この3つです」

というわけで、この3つに対策すべく坂道トレーニングをおこなうことになりました。

 

f:id:onigiri777:20170825133510j:plain

 

 坂道トレーニングとは

 

登り坂を全力でダッシュして登って、ゆっくりジョグで降りてくる。これを繰り返すトレーニングです。これにより得られる効果は以下です。心肺と足に普段より負荷をかけて強化するイメージですね。

  • 心肺機能の向上
  • 股関節を意識した走りが無意識にできる
  • 登り坂を走るときは自然に小股になるので、狭いストライドでの走りを覚えられる

トレーニング前に「地獄ですよ」とLONG氏に笑顔で言われました。またまた~と思っていましたが、マジ地獄でした。坂道ダッシュを5本やったのですが、LONG氏が併走して「腹筋入れて!」、「足あげて!」、「胸張って!」と声かけしてきます。わたしは昇天間近でヒーヒー言いながら走っているのに、さらに煽られるという。。。なぜLONG氏は息もきらさず話すことができるのでしょうか。恐るべき心肺機能です。ジムのトレーナーさんって違う生き物って感じがします。他のジムに行ったことがないのですが、どこでもそうなのかなぁ。。。?

 

肩甲骨の使い方

 

今回のトレーニングで特に注意されたのが肩甲骨の使い方です。疲れてくると肩だけで腕振りをしていて、肩甲骨が全然動いてないとのこと。肩甲骨を使って腕振りをすると、自然に太ももも上がるので、足の疲れ方も違うそうです。腹筋は入れたままで、後ろに引くよう意識して肩甲骨を動かすよう言われました。最初は違和感があったけど、すぐ慣れたので次回の自習ランで意識してみたいと思います。

 

今後のトレーニングについては、5Kmくらいで弱点を意識しながら&可能な限り速く走るのでよいのではとのことでした。

 

ジムに戻ってからは、プランクやTRXをつかったコアの種目をやりました。こういうのとか。

 

 

TRX VIDEOSさん(@trxvideos)がシェアした投稿 -

 

最後は軽い酸欠状態で目の前が白くなりました。

これが真っ白に燃え尽きるってやつか。。。。

 

 

 

トレーニング後はトータルワークアウトのカフェで栄養補給です。

栄養補給に牛アキレス健煮込みチゲ鍋風と おからフルーツケーキを頂きました。牛アキレス健がプルプルで美味しいので良く食べてます。

 

f:id:onigiri777:20170823233509j:plain

 

シドニーマラソンまであと23日!