おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

歯がしみるのは虫歯じゃなくて思わぬアイツが真犯人だったのでショックだった

スポンサーリンク

歯がしみるのって不快ですよね。熱いものも歯にしみる。冷たいものも歯にしみる。知覚過敏か、虫歯かな?と思って歯医者さんに行ってみました。その結果、意外な原因で歯がしみていたので、対策と合わせてシェアします。

 

お前が犯人か!!!

歯がしみる 原因 虫歯 歯磨き粉

歯医者さんにいってレントゲンを撮ってもらいました。結果、虫歯らしきものはなし。え?じゃあ何で歯がしみるの?って原因を解明するべく、歯科衛生士さんの問診を受けました。

 

「食間に良く食べるもの、飲むものはありますか?」

「最近はミカンと炭酸水ですね」

「キミ、それや!!!」

「ふえっ?! Σ(゚д゚;)」

 

歯科衛生士さんの説明によると、わたしの歯がしみる理由は、酸喰歯(さんしょくし)だそうです。酸喰歯とは、読んで字のごとく酸が歯のエナメル質を腐食してしまい、歯が薄くなること。

 

わたしの場合は、ミカンと炭酸水に含まれる酸により、エナメル質が薄くなって歯がしみていたそう。炭酸水は飲むだけでお腹が膨れるので、ダイエット目的でよかれと思って飲んでいました。なのにコイツらが真犯人だなんて!はあ、ショック。

 

酸喰歯の対策

気を取り直して、今後の対策を聞いてみました。

「薄くなった歯は、どうやって戻せばいいですか?」

「戻りません」

「ふえええええっ?! ΣΣΣ(゚д゚;)」

薄くなったエナメル質はもう戻らないので、シュミテクトなど、知覚過敏用の歯磨き粉を使うしかないそうです。

 

酸喰歯を進行させずに柑橘類や炭酸系の飲み物を摂取するには、以下の点に気を付ける必要があるとのことでした。

  • チビチビ飲み食いしない。一気に摂取する。(歯が酸に浸かっている時間を減らすため)
  • 摂取後すぐにブクブクうがいをする。
  • 摂取後すぐの歯磨きはNG。(歯が傷つくのを防ぐため。摂取後すぐの歯磨きは、ハイタ―に長時間つけておいた食器を金タワシで洗うようなもの。)

冬はコタツで無限ミカンしたいのに。。。まあ、お茶で浄化するしかないですかね。炭酸水はキッパリやめることにしました。炭酸水の一気飲みは出来ないし。チビチビ飲むたびに、うがいをするのは非現実的だし。

 

酸喰歯対策その後

炭酸水をやめて、シュミテクトを毎日使っていたら、歯がしみる症状は治まりました。あー、よかった。粉薬を飲んでもしみるレベルだったので、ホントに辛かったんですよ。

 

ダイエット目的の炭酸水が、歯に悪いとは盲点でした。人間のカラダはいろんなパーツで出来ているので、ある器官には良くても、他には悪影響ってこともあるんですね。今回の件で勉強になりました。今後は健康情報については、生活習慣に取り込む前に、悪影響がないかもしっかり調べるようにしたいです。

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆