おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

世界一やさしくマインドフルネスを説明してみる

スポンサーリンク

こんにちは!この東京砂漠でココロの平安を求めてやまないおにぎり(@dreamingjewels1)です。マインドフルネスって最近流行ってますよね。わたしは以前にgoogle社で開発されたマインドフルネス研修(SIY)を受けて、ほぼ一年になります。このエントリでは世界一やさしくマインドフルネスを説明します。

 

世界一やさしいマインドフルネスの説明

f:id:onigiri777:20180201080008j:plain

unsplash-logo Dingzeyu Li

 

↓↓↓コレはスノードームです。スノードームだと思ってください。フリフリして中のビーズが舞い散った状態のスノードームです。この舞い散ったビーズを全て静止させるためには、どうすればよいでしょうか?

f:id:onigiri777:20180124153745j:plain

 

簡単ですね、スノードームを触らずに、そっと放置しておけばよいのです。自然に全てのビーズが静止して、スノードームの中は落ち着いた状態になります。

f:id:onigiri777:20180124153800j:plain

 

マインドフルネスも同じです。スノードームをココロに置き換えてください。雑念や思考が舞い散るココロを、そっと何もしない状態にし、落ち着つかせること。これがマインドフルネスです。

 

マインドフルネスを実践してみよう

10分間マインドフルネス

さっそくマインドフルネスをやってみよう!と思ってもどうしていいか分からないですよね。googleマインドフルネス研修の講師の方がアップしているガイドの使用をオススメします。


10分間マインドフルネス瞑想2016年版(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート)

 

10分間ボディスキャン

感情は、まず身体反応として現れます。ボディスキャンは自分の意識を用いて、カラダの一つ一つの器官がどのような状態か感じていくメソッドです。これによって身体反応を早く察知して、感情が態度に出るのを防ぐようになれます。こちらもガイドの使用をオススメします。


10分間ボディスキャン瞑想(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート)

 

1つの事に集中する

スマホを見ながらご飯を食べる、テレビを見ながら歯磨きする、日常的な動作って同時並行しちゃいますよね。でも、これはマインドフルネス的には良くない状態。「今この瞬間に注意を向ける」これがマインドフルネスでよく言われることです。

 

具体的には、ご飯を食べる・歯磨きをする・ドライヤーをかける等々、なんでもいいので、「集中する行為」を決めて下さい。それをやっているときは決して他のことをしない。「ご飯を食べる」なら、この世に「ご飯」と「わたし」しか存在しないレベルで集中します。

 

集中することで、その行為への「解像度」がグッと上がるので、色々な気づきを得られるようになります。わたしは「ご飯を食べる」に集中し、自分が使っているお箸の先が、片方欠けていることに気づきました。。。一目見たら分かることなのに、漫然と食べていたから全然気づかなかったんですね。今までどれだけ解像度の低い世界に住んでいたのだろうと驚きました。

 

まとめ マインドフルネスはココロの筋トレである

筋トレって数回やっただけでは、腹筋バキバキになったり、筋力アップしたりしませんよね。コツコツとトレーニングを継続していくことで、数か月~1年後くらいに結果が見えてきます。

 

マインドフルネスもそれと同じです。数回やっただけでは効果は感じられません。しかし、継続することで確実に変わっていきます。世界の解像度が上がり、集中力が向上し、感情に振り回されないようになります。これは1年マインドフルネスを実践したわたしが感じていることです。

 

ココロの筋トレ マインドフルネス。ご興味あったら是非試してみてくださいね!

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆