おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

女は女であるのではなくて、女は女になるのだよ

スポンサーリンク

女性は努力しないと女性になれない。男性からしたら何を言ってるのか分からないフレーズかもしれないですね。女性は見た目をキレイに保つようにっていう社会的な圧も強いし、要求のレベルも高いんです。それに答えられないと「女捨ててる」ってなる。

 

捨ててないし!何にもしなくても女のままだし!でも世の中的にはそう見てくれない。

 

女性であり続けることの徒労感

f:id:onigiri777:20180511092759j:plain

例えば、男性は寝癖治してヒゲ剃れば会社来れるけど、女性はスッピンピンNGみたいな不文律があるじゃないですか。

 

だからブローしてファンデ塗ってチーク塗って眉毛書いてマスカラつけてアイライン引いてアイシャドーつけてリップライン引いてリップ塗ってグロス塗ってパウダーはたかないといけない。温泉いってもメイク落としてまたメイクですよ。

 

そもそも人間の顔って、手のひら一枚分くらいしかないじゃないですか。それに比べてデパートの化粧品売り場の広さをご覧ください。面積差!社会的な要求レベルを感じて女性がどれだけ化粧品市場にお金を落としているかって話ですよ。

 

「自分で選んでやってるんでしょ?」 そんな声が聞こえてきそうです。いやいや、女性は見た目を整えて当たり前、見た目がキレイな方が得して当たり前って世の中で、顔に金かけないって選択するのは難しいのですよ。

 

えーと何が言いたいかというと、女性であり続けるってのはそれだけで結構疲れるってことです。ヘアケア、スキンケア、メイク、ファッションetc..わたし、これいつまでやるんだろう?

 

おそらく女性は見た目をキレイに保つようにっていう社会的な圧がある環境にいるかぎり、ずっとやってるんだろうな。 やれやれだぜ。

 

おしまい。

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆