おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

映画化成功!アイアムアヒーロー ※漫画版のネタバレあり

スポンサーリンク

漫画の実写版はガッカリするもの。そんな常識を打ち破って、映画アイアムアヒーローは、非常に見ごたえがあっておもしろかったので、このエントリーで紹介します。漫画読んだ人も読んでない人も楽しめるジェットコースター並みのスピード感とスリルが経験できるので、オススメ!

 

(2016年の映画ですが、漫画実写で成功した映画って何かなぁ。。。って考えていたら、コレを思い出し、再見したらやっぱり面白かったのでエントリーしてみました)

 

また、漫画版の最終回がヒドすぎると話題になりましたが、そちらについての考察も最後に。(ネタバレありなので、イヤな人は読まないでください)

 

 

 

あらすじ

まずはざっくりのあらすじ。

 

主人公は、金も夢も才能もない冴えないマンガアシスタントの35歳 鈴木英雄。趣味は散弾銃のお手入れ。彼女が元カレと浮気しているかもと邪推に苦しみ、金もないのに高い洋服を身につけ、自分が有名な漫画家になったと妄想してひとり言をつぶやく。

 

つまり冴えない現実の自分と、肥大化した自意識の折り合いがつけられず、劣等感まみれの日々を送っている。

 

ある日、ゾンビパンデミックともいうべき現象が起こり、感染した人間はゾンビ化して、人間を襲って喰うようになる。

 

日常が一気に崩壊し、ゾンビ(作中ではZQN)がとめどなく増殖しはじめた世界で鈴木英雄は逃げまどううちに、女子高生 早狩比呂美と出会う。一緒に逃げることになったのだが、比呂美もゾンビに噛まれて感染してしまい・・・・

 

ここまでが冒頭です。以下に配役、再現性、ストーリーそれぞれについて映画の感想を記載します。

 

【映画 ダンケルク徹底解説!】

 

配役

配役は◎

f:id:onigiri777:20170815161038p:plain

アイアムアヒーロー : 作品情報 - 映画.com(映画画像引用元以下同)

左から鈴木英雄、早狩比呂美、藪(小田つぐみ)。大泉洋が鈴木英雄役に何と言ってもハマってました。35歳の金も夢もない劣等感まみれの冴えないマンガアシスタント。背中に哀愁をとおりこして貧乏臭さと情けなさが漂っています。役作りの完成度がハンパないですね。

 

早狩比呂美を演じる有村架純、藪は長澤まさみ有村架純はマジ天使。長澤まさみは藪を演じるには、若干ひよわすぎたかも。。。長澤まさみ有村架純をおんぶして走って逃げるシーンがあるのですが、長澤まさみの足が細すぎて「逃げきれるわけないだろ。。。」と思わず突っ込みそうになりました。

 

まあ、この映画は鈴木英雄さえ描き切ってしまえば成功なので、配役についてはぶっちゃけ大泉洋が主人公を演じた時点で◎です。

 

【映画 ブレードランナー2049徹底解説!】

 

再現性

再現性は◎

f:id:onigiri777:20170815164009p:plain

今までの平穏無事な毎日の反復が、ゾンビの発生により一気に崩れていくところの描写が怒涛の展開で見ごたえありすぎです。

 

韓国の閉鎖されたショッピングモールで本物の銃をつかってバトルしたり、建設中の高速道路で大規模なカーアクションを繰り広げたりとアクションシーンがハリウッド映画並みに迫力ありました。ゾンビの造形も、マンガ版のグロテスクさをかなり正確に再現していました。そしてかなりリアルで夢に出そうなレベルでした。

 

詳しいメイキング秘話はこちら

韓国スタッフとの協働体制による大規模な特撮&特殊メイク、映画『アイアムアヒーロー』 | 特集 | CGWORLD.jp

 

【映画 否定と肯定 徹底解説!】

 

ストーリー

ストーリも◎

f:id:onigiri777:20170816143414j:plain

 漫画版でいえば8巻のショッピングモールの脱出までが実写化されています。ゾンビ+カーアクション+銃撃戦+肉弾戦+ゾンビ大群とアクションシーンがフルスロットルで続くのですが、合間に泣けるシーンやお笑いシーンが上手くはさまれていて、途中でダレたり疲れたりしません。

 

ただバトルシーンがあまりにも激し過ぎるので、見終わった後、現実世界で外に出ると「あれ、なんで誰も戦ってないの?」と疑問に思うくらい、ちょっと感覚がおかしくなります。

 

【映画 ゴッホ〜最期の手紙〜解説】

 

漫画版の最終回(22巻)に関する考察

 

漫画版の最終回が出たときは、一時話題になりましたね。「ヒドすぎる」、「伏線が全然回収されてない」等々。。。表面上のプロットだけ追っていると、こういう感想になるのは当然です。

 

わたしも最初はあたまの中が疑問符だらけになりました。もう一度最初から読み返してみて、この漫画の構造を理解したときに最終巻の意味がやっとわかりました。(あくまで私見です)

 

そもそも、漫画版のアイアムアヒーローのテーマは三層構造になっています。

第一階層:ゾンビパンデミック

第二階層:ゾンビ化した人々の意識が結合した集合的無意識

第三階層:個としてしか存在できない鈴木英雄の心性

 

第一階層は表面的なプロットとして明示されるのですが、第二階層はその存在が2ちゃんねるのような掲示板」という形で示唆されるだけです。

f:id:onigiri777:20170816234133p:plain

アイアムアヒーロー(20) (ビッグコミックス)

 

第三階層は、鈴木英雄の想像上の存在「矢島」とのやりとりと、漫画のラストから読み取るしかありません。第一階層だけみていると、第三階層が表現されたラストが尻切れとんぼで、ZQNがなんだか説明してない!比呂美とはどうなったんだ!伏線が回収されてない!ひどい!となるわけです。

 

個としてしか存在できない鈴木英雄の心性がどのようなものか矢島とのやりとりから見てみましょう。

 

f:id:onigiri777:20170815215743p:plain

アイアムアヒーロー(16) (ビッグコミックス)

 

肉体関係を持った藪が死んだ直後の矢島とのやりとり。「実は先輩すっごく冷静なんですよ。(中略)そもそも人に興味がないんです。だから人が死んでも平気なんです

 

 

f:id:onigiri777:20170815215800p:plain

アイアムアヒーロー(20) (ビッグコミックス)

 

藪が死んだあとに肉体関係をもった比呂美がゾンビにとりこまれて消失したあとの矢島との会話。人間関係を含めて何もかもから逃げてきたと述懐する英雄に「先輩の選択は間違ってなかった」と肯定する矢島。その輪郭はぼやけて今にも消えそうです。口から人が6体出ている最後のコマは、空也上人像に酷似しています。

 

空也上人像の口から出ているのは「南無阿弥陀仏」が実体化したものだそうですが、もともと英雄の想像上でしか存在しえない矢島の口から出ているモノは何でしょうか。しかも、どれも踊っているかのような楽しそうなポーズをしています。

 

「矢島」は常に英雄の自己弁護を強化し、追認し、おだてることしか発言しません。この6体の「踊る人々」は、英雄を喜ばせる言葉の数々なのです。

 

てっこ(英雄の元彼女。ゾンビ化して英雄に殺害された)と比呂美が「掲示板」でやり取りするシーンで「英雄君、孤独なひとだから一緒に連れて行きたかったけど、心が閉じているひとは感染しにくいみたい。。。」とてっこは語ります。

 

集合的無意識に参加することもできず、比呂美を救うこともできず、人間の生き残り達と合流することもできなかった英雄は、ゾンビが活動を停止し、ゴーストタウン化した東京で「日本最後の生き残り」として救出されてヒーローになる様を想像しながら、野菜を育て狩りをして生き延びています。

 

「矢島」すら存在しない完全な孤独です。英雄が語りかける相手は壊れかけのマネキンや子供を模した交通安全の標識しかありません。ただ、少なくともこの世界に英雄の劣等感を刺激する存在はありません。

 

そもそも他人に興味がない、何もかもから逃げた選択を続けた英雄が辿り着いた全き孤独の世界では、想像上の矢島に追認してもらう必要がないほど英雄は充足しているように見えます。

 

生身の藪も比呂美も魅力的だけど、常に英雄に「しっかりしろよ」と迫ってくる怖い存在だった。てっこも才能のある元彼を持ち上げることで英雄の無能さをあげつらう怖い存在だった。

 

でもいまやどの女たちも英雄を脅かすことはありません、もう一度会いたいと彼女たちのことを思って感情を乱されることもありません。

 

英雄に劣等感を感じることを強いてくる既存の価値観全てから逃げて、個人として充足して生きていくことができるようになったことがあのラストシーンでは描かれているとわたしは解釈します。無人の荒廃した東京はディストピアに見えるけど、英雄にとっては初めて個として生きることが許されたユートピアなのです。