おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

【ネタバレ】映画 ドリーム 【あらすじ】

このエントリでは、映画 ドリーム の感想をネタバレありで書いていきます。 原作本も読んだので、そちらの感想も合わせてどうぞ。

 

結論から言って、映画も本もオススメです!映画のポスターに「すべての働く人々に送る、勇気と感動の実話」とありますが、その通りです。この作品は組織の一員として働いている、働いたことがある人々の心に突き刺さる力をもっています。その名は希望。

 

なぜこの作品がそれほどの希望を見るひとに与えるのかを以下に書いていきます。

 

 

 

 

f:id:onigiri777:20170929123906j:plain

 映画.comより

 

あらすじ

 

東西冷戦下、アメリカとソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げている1961年。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが ”西計算グループ” に集い、計算手として働いていた。リーダー格のドロシー(オクタビィア・スペンサー)、は管理職への昇進を希望しているが、上司ミッチェル(キルスティン・ダンスト)に「黒人グループには管理職を置かない」とすげなく却下されてしまう。技術部への転属が決まったメアリー(ジャネール・モネイ)はエンジニアを志しているが、黒人である自分にはかなわぬ夢だと半ばあきらめている。幼い頃から数学の天才少女と見なされてきたキャサリンタラジ・P・ヘンソン)は、黒人女性として初めてハリソン(ケビン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、オール白人である職場の雰囲気はとげとげしく、そのビルには有色人種専用のトイレすらない。それでも、それぞれ家庭を持つ3人は公私ともに毎日ひたむきに生き、国家の威信をかけたNASAマーキュリー計画に貢献しようと奮闘していた。。。

 映画「ドリーム」パンフレット STORYより

 

映画 ドリーム の感想

 

映画は天才数学少女のキャサリンがその才能を見出され、さらに高い教育機関への飛び級が認められるところからはじまります。チョークを渡されて黒板にかかれた複雑な数式をスラスラと解いてみせるキャサリン。周りの黒人の大人たちはキャサリンの才能に目をみはります。その目には驚きと同時にキャサリンの才能への希望があふれています。そして黒人たちが少しずつ出したお金をキャサリンの両親に「娘さんのために」と渡します。

 

この冒頭のシーンで黒人たちがそのコミュニティ内でいかに助け合って生きているか、そして同胞の幸せをいかに強く願っているかが伝わってきました。

 

成人したキャサリンNASAで働くようになります。先輩であるドロシーと同僚のメアリーと3人で毎日オンボロ車で通勤して夜中に帰る日々。

 

ときは1961年。アメリカでは有色人種への人種差別の嵐が吹き荒れている時代でした。ジム・クロウ法で定められた人種隔離策により、キャサリンたちはNASAの外でも、中でも屈辱的な思いをさせられます。

 

ドロシーは黒人であることを理由に管理職に登用することを否定され、メアリーは教育を受ける機会を制限され、キャサリンに至っては有色人種専用のトイレがない建物に配属されてしまい、用をたすために40分かけて職場とトイレを往復することを余儀なくされます。

 

そして周囲の白人たちは、黒人たちがそのような屈辱と無意味な制限にさらされていることを当然のように受け止める。さらにはそもそも黒人たちがそのような状態に置かれていることに気づきもしないのです。

 

この映画ではそのようなシーンがたくさん出てきますが、コミカルな味付けとソウルフルでエネルギュシュなサウンドによって暗くなりすぎることはなく、テンポよくストーリーが進んでいきます。

 

ソ連に宇宙への有人飛行において先を越されたことでNASAの焦りは頂点に達します。「これから家に帰れないと家族に電話しろ。ただし給料は上がらない。耐えられないものは職場を去れ」宇宙特別研究本部トップのハリソンは部下たちに言い渡します。

 

そこからキャサリンたちの数字との戦いは激化します。猛烈なプレッシャーのなかミサイルの軌跡や着水地点を計算する。

 

有人飛行に向けてNASAが一丸で動くうちにハリソンはキャサリンの有能さに気づきます。そして自分たちの目的を達成するために肌の色は関係ないことにも。

 

ドロシーもメアリーもキャサリンと同様に、そのずば抜けて優秀な頭脳と粘り強い努力によって目覚ましい成果をあげ、NASA初の黒人管理職、黒人女性技師という地位を手にしていきます。

 

そして、宇宙飛行士がアメリカ初の地球周回軌道飛行にトライする運命の日。宇宙飛行士のジョン・グレンは「あの女の子にもういちど計算させてくれ」とNASAに伝えます。

 

その女の子はキャサリン

 

しかし、計算結果を持ってNASAのコントロールルームに入ろうとするとキャサリンの目の前でその扉は閉じられてしまいます。

 

黒人の女にはふさわしくない場所だというように。どんなに成果を出しても認める気はないというように。

 

いままでキャサリンたちがなんども受けてきた仕打ちです。うなだれて自席に戻ろうとしたキャサリンの背後で再び扉が開きます。

 

「なかに入るんだ」

 

ぶっきらぼうに言うハリソン。笑顔で駆け込むキャサリン。彼女が組織の一員であると、成果に貢献した一員であると認められた瞬間です。

 

ここは泣くところですね。

 

有人飛行は成功し、キャサリンとハリソンたちは黒人、白人の垣根なく手を取って喜びます。

 

アメリカの人種隔離政策の真っ只中で黒人かつ女性という二重にネガィブな立場にありながら、その才能を活かして偉業を成し遂げたのです。実力主義の完全勝利です。

どんな状況でも信念を持って粘り強く努力すれば成果をあげることができる。働くひとたちにとって希望に満ちたメッセージをこの映画は送っています。

 

f:id:onigiri777:20170929123713j:plain

By Source (WP:NFCC#4), Fair use, Link

 

 

原作本 ドリーム の感想

 

ここからは原作本の感想を書いていきます。

 

 

 英語版はこちら。

原題は Hidden Figures: The American Dream and the Untold Story of the Black Women Who Helped Win the Space Race 

 

 "Figures" は「人々」と「数字」のダブルミーニングでしょうか。

また著者自ら"Hidden"よりは"Unseen"といった方がふさわしいとあとがきで記しています。邦題の「ドリーム」はイマイチと思うので、「見出されし人々」なんかいいんじゃないかと思いますが。。。

 

 

 

映画で描かれるのは1961年からおよそ1年間の間です。原作本では第2次世界大戦中の1943年から現代までが描かれます。 戦時中はアメリカ空軍の軍事力増強のために航空機の増産と性能の向上が必須課題となっていました。

 

飛行機には物理学が欠かせず、物理学は数学を意味し、数学は数学者を意味する。そして1930年半ば以降、数学者といえば、女性を意味するようになっていた。

ドリーム 25ページより 

 

多くの男性が兵役にとられる中、女性は労働力としてひっぱりだこでした。そして戦争に勝つための人材確保においては、性別のみならず肌の色も政府は問題にする余裕はありませんでした。どんな手段を使っても戦争には勝たなくてはいけないのです。

 

政府が人種隔離政策をとりながらも黒人女性を労働力として白人同様にかり出さざるをえない状況下。ドロシーを筆頭に大学を卒業して聡明な頭脳をもちながらも、黒人向けの仕事とされていた掃除婦やウエイトレスなど単純労働に甘んじていた女性たちは、その数学の才能によって白人と同じ職場に次々に採用されていくことになります。

 

そしてその才能を活かし、同胞と助けあいながら成果を出すことで地位を向上させていくのです。この辺は映画よりも彼女たちの努力と忍耐が詳しく書かれているので、感動も映画より深く感じられました。

 

黒人女性数学者たちがいかに数学者として、家庭人として生きたのか。この本は当時の歴史と絡めつつ、偉業を成し遂げたにもかかわらず誰にも注目されなかったひとびとに光を当てます。

 

この本を読むことで当時の黒人たちがどのような扱いを受けていたか知ることができます。わたしは本を読んでから映画を見たので、かれらの葛藤がよりよく理解することができました。

 

原作本を読んでから映画を見るとがっかりすることが多いですが、こちらの作品に関してはより理解が深まるので、ぜひ一読してみてください!

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆