おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

早く走るコツは慣性の法則にあり

トータルワークアウトのトレーニングログです。

 

引き続き、マラソンのスピードアップのためのトレーニングです。 

 

前回のスピードアップ練習はこちら

マラソンのスピードアップ練習

 

〜 前回までのあらすじ〜

 

VersaPulleyというマシンを使って、スピードアップのトレーニングをはじめたおにぎり(@dreamingjewels1)。

 

いやいや、トレーニングどころか、全く使えないんですけどコイツ。

 

マシンと友達になることですよ、と優しくさとすトレーナーさん。

 

無機物と友達?それなんて電波?

 

ヘイ、ジャパニーズガール! イフ ユーヘイトミー、アイヘイトユー、バット イフ ユーライクミー、アイライクユー

 

いやっ、しゃべったぁ!!!

 

すみません、嘘です。 VersaPulleyはしゃべりません。 

 

f:id:onigiri777:20170927101531j:plain

Autumn Goodman

 

慣性の法則にのっとった走り

 

気を取り直してトレーニングログです。

 

これはVersaPulleyを使った腕の運動です。紐を引っ張った腕の力と、同じ力でVersaPulleyが紐を引っ張り返します。

 

 

 マラソンのスピードアップ練習も、原理的にこれと同じことをします。自分が前進した力と、同じ力でVersaPulleyが紐を引っ張り返してくる。

 

力のムラがあると、VersaPulleyに強く引っ張られたり、紐がたるんだりします。前に足を出すときも、後ろに足を引くときも、力は等価でないといけない。

 

マラソンのスピードアップ練習では ↓ を台無しでやります。

 

 

マラソンで完全にフラットなコースはありえないので、必ずブレーキと加速が必要な局面はでてきます。例えば、くだり坂でブレーキをかけたり、平坦な道に戻ったときに加速したりすると、力を使うことになって疲れてしまう。

 

しかし、上記のようなコース上の要因がないとき、慣性の法則にのっとり、ずっと同じ早さで走れば、余計な力を使いません。

 

このスピードアップ練習をすることで、余計な力を使わない、慣性の法則に従った走りができるようになります。

 

また、足を前に出すときの推進力が鍛えられるので、早く走れるようになる。

 

原理はわかるんだけどなぁ。。。

 

今回は2回目ということで、等速直線運動を意識しながらVersaPulleyにトライしました。そのおかげか、引っ張られて苦しいってことはありませんでした。

 

まだまだトレーナーさんにOKをもらえるレベルではないですが。。

 

VersaPulleyと、挨拶はできるくらいの関係にはなれた感じです。

 

 3月のハーフマラソンに向けて引き続き頑張ります!

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆