おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

日本の会社員は自分で勉強しないと確実に人生詰むという話

現代日本の会社員は、自分で勉強しないと人生詰むようです。自戒も込めて状況と対策をまとめておきます。

 

 

労働者へのスキル獲得支援で日本は最下位

2018/1/10の日経新聞に載っていた記事です。 

www.nikkei.com

 

記事の内容を要約します。

  • 勤務先企業が費用を負担する研修などを受けている割合は、日本の労働者の4割と調査対象の33か国中最下位
  • 日本の労働者がスキルアップが必要と回答した割合は8割を超え、世界平均の7割より高い。
  • 日本では男女の格差が大きい。勤務先から支援を受けていない割合は男性が53.6%なのに対して女性は65.9%に上った。

日本でのスキル獲得支援は遅れている。その結果スキルアップ出来てない人が他国より多い。女性に対する支援が特に遅れている。これらのことが記事から読み取れますね。日本では勤務先に期待せず、自分で能動的にスキルアップのために勉強しないと、確実に詰む状況です。

 

【変化の早い世の中で勝ち残るために】

 

社会人になってからの学びなおしはどうするべき?

行政にも期待できない

学びなおしのために教育給付金制度などもありますが、コレ使いづらいんですよね。手続も面倒だし、フルタイムで働いている人にとって不便な立地や時間帯のものも多いし。

 

駅前に社会人大学とか作って、学びなおしがしやすい環境があればいいのにと思います。まあこんな理想的な環境が用意されることはまずないでしょう。勤務先だけではなく、行政にも期待できません。なので対策はやっぱり自分で努力するしかないですね。

 

【私が銀行員を辞めた理由】

 

まずは会社の教育制度を使い倒す

まずは会社に教育制度がある人は、それを使い倒した方が良いと思います。「○○の資格試験には補助を出す」とかいう制度があれば、その資格試験を受けるとか。

 

多くの経営者は人件費をコストしか見ていないので、スキルアップ支援にかかる費用など、ホントはゼロにしたいのです。経営が傾けば、真っ先に削られる費用です。いま目の前にある会社の教育制度は、来年には無くなっているかもしれません。あるうちに利用しましょう。一度無くなったら、まず復活しませんからね。

 

わたしが以前に働いていた会社では、いくつかの資格を一度取得すると、月2万5千円の資格手当をもらえる制度がありました。月2万5千円って大きくないですか。もちろん全制覇しましたよ。会社が傾いた瞬間に資格手当は廃止されたので、貰えた期間は短かったですが。。。

 

【成功するために必要なのは実力じゃないよ】

 

興味がある分野の勉強をする

将来的なスキルアップのために、どの分野の勉強をすればいいか・どの資格をとればいいかギモンに思いますよね。わたしもしばらく悩んでいたのですが、この変化の激しい時代において、考えるだけ無駄という結論に至りました。一つだけ確実なのは「すぐに役立つスキルは、すぐに陳腐化する」ということです。

 

興味がない分野の勉強って、知識を詰め込んで吐き出すだけのドリル的な勉強になりがちです。資格試験が終わったら、キレイさっぱり忘れちゃう。こういうドリル的な勉強は、AIに任せておけばいいのです。これからの人間には、詰め込み型の勉強ではなくて、自分の頭で考えて答えを出す力、例外にも応用できる力を身につける勉強が必要なのです。

 

なので、「将来何が役に立つか」ではなく、「自分は何に興味があるか」を軸に勉強する分野を選ぶべきです。「もっと知りたい」って欲があると、自分の頭で考えるようになりますからね。それに興味がある分野なら、勉強するのも楽しいから時間の捻出に苦労することもありません。

 

【働かなくてもお金が儲かる本?】

 

最近わたしが勉強をはじめたこと

f:id:onigiri777:20180111222007j:plain

わたしの例ですが、中国語の勉強をはじめました。語学の勉強ってコスパがいいんですよ。身につければつけるほど自分の世界が広がる。わたしはTOEIC930ホルダーですが、このとき身につけた英語力のおかげで、洋書や英字新聞が読めるようになり、得られる情報の質が飛躍的にあがりました。

 

なぜ今回中国語を選んだか。それは台湾に3回行ってみて、「もっと台湾の文化を知りたい!」と感じたからです。あと、向こうで英語と日本語でしか話せない自分が傲慢に感じられて、イヤになっちゃったんですよね。台湾の文化にもっと敬意を払いたくなったというか。「中国のマーケットが拡大している」とかは後付ですw

 

台湾語と中国語は厳密には違うらしいですが、中国語をある程度マスターしてからその辺はキャッチアップしたいと思います。当面の目標は、中国語検定3級です。

 

人生100年時代にはセカンドキャリアの構築が必須と言われます。人生詰まないよう、知的好奇心のベースになる体力・気力をしっかり維持しつつ、日々勉強していきたいですね!

 

【AIの限界ってあるの?!】

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆