おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

マラソン大会 直前トレーニングで内転筋、おしり、腹横筋へアプローチ

ラソン大会まで1ヶ月切りました。ランナー膝(腸脛靭帯炎)の件は、トレーニング→長距離走を繰り返しながら、ぎりぎりまで様子を見ることに。キャンセルするとなっても、今の練習は無駄にはならないので、途中で投げ出さない!

 

使い始めの筋肉を意識する

f:id:onigiri777:20170927101531j:plain

  Autumn Goodman

 

今日のトレーニングは、走る動作を主眼においた、内転筋、おしり、腹横筋へのアプローチが中心。特におしり!トレーナーさんいわく、「1動作において、使い始めの筋肉をずっと使い続けるから」とのこと。

 

つまり、走る動作で、最初に大腿四頭筋を使ってしまうと、その動作が終わるまで大腿四頭筋を使い続けてしまう。本当に使いたいのはおしりなので、走る動作の最初におしりに乗るためのトレーニングをしました。

 

わたしは大腿四頭筋の方が強いので、ついそっちを使っちゃうんですよね。

 

今日は走る動作を改めて見直してもらって、色々指摘がありました。

  • 右の骨盤が後ろに振れやすい
  • 踏み出した時に、前腿ではなく、おしりに乗る
  • 腹横筋入れる、肩甲骨は下げる

 

一つ課題をクリアできたかな?と思ったらまた次の課題が出てきて、まるでモグラたたきみたい。まぁ、凡人は積み重ねでしか向上できないので、小さい進捗を大事にしながらトレーニングを続けていかねば! 

f:id:onigiri777:20180222095755j:plain

本物はちょっとこわい