おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

AT値トレーニングを続けたらマラソンが楽しくなってきた

こんにちは。最近マラソンが楽しくてたまらないおにぎりです!先月、マラソン能力の指標値とも言われる、最大酸素摂取量(VO2Max)の計測を受けて、AT値付近でトレーニングするようにアドバイスを受けました。

 

AT値付近でのトレーニングとは、要するにゼーハーしないレベルでゆっくり走るってことです。わたしの場合は心拍数123が目安です。

 

AT値トレーニングについては、こちらのエントリをご覧ください。

 

AT値トレーニングが楽しい理由3つ

走るのが楽しくなってきた理由をまとめておきます。最初は「こんなちんたら走っても全然楽しくないよ。。」 と思っていたのがウソみたいに楽しいです。AT値トレーニングをやってみたけど、つまらないな~って方のご参考になれば嬉しいです。

 

走る前の心理的なハードルが低いから楽しい

f:id:onigiri777:20170929082909j:plain

  Alex wong

 走るのは好きですが、やっぱり朝とか仕事が忙しかった夜とか、走るのだるいな~ってなるんですよね。でもAT値トレーニングを始めてから、それが無くなりました。心拍数123ってホント足踏みレベルなんで、カラダにほとんど負荷がかからないんですよ。

 

だから、気合を入れなくても、お散歩感覚でフラッと走れる。AT値トレーニングを始める前より、走る回数が増えました。習慣化にはハードルを下げることが大事!と頭では知っていましたが、カラダで実感することができています。

 

数字的なプレッシャーがないから楽しい

f:id:onigiri777:20180320100958j:plain

AT値トレーニングをする前は、「今までより早く走らなきゃ、今までより長い距離を走らなきゃ」って数字的なノルマを自分で自分に課していました。これはもう無意識に。「頑張れば報われる」、「辛い経験を経てこそ結果が出る」みたいな固定観念が刷り込まれてるんですよね。

 

でも、心拍数123付近で走ろうとすると、スピードは出せません。当然カラダは楽なので、距離はどんどん伸ばせるから、無理して伸ばす必要がない。何のプレッシャーもなく、純粋に走ることを楽しめています。

 

体脂肪率がメキメキ減るから楽しい

f:id:onigiri777:20180228144813j:plain最大酸素摂取量(VO2Max)を計測したとき、お医者さんに「AT値トレーニングやったら体脂肪率減るよ」と言われて半信半疑だったのですが、実際に1か月弱で、体脂肪率が24%→21%に減りました!体重も-3kgあっさり落ちました。

 

とにかく楽しいAT値トレーニング、これからマラソンを始めたい方、ちょっとマラソンに疲れた方におススメです。 自分のAT値が分かんないよ~って方は、こちらのサイトで簡易的に計算できますよ。

 

実測したい方は東京体育館で専用の機械を使って計測することができます。過去記事にわたしが計測したときの体験をまとめていますので、ご参考にどうぞ☆

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆