おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

【フィリピン】セブ島に語学留学しに来たよ!

スポンサーリンク

有休消化中のおにぎり(@dreamingjewels1)です。会社のお金でニート生活が出来るなんて最高ですね!

 

有意義なニート生活をするべく、セブ島に語学留学する事にしました!

f:id:onigiri777:20180617192250j:plain

来たぜー南の島!天気予報ではずっと雷雨でしたが、来てみたら快晴でした。おにぎりの普段の行いが良すぎるからですね←

 

f:id:onigiri777:20180617192608j:plain

今回はリゾートではなくて、市街地に宿泊しました。建設中の建物が多く、街も活気に溢れていてコレから伸びる国なんだろうなーと感じます。

 

セブ島に語学留学を決めた理由

f:id:onigiri777:20180617195432j:plain

  • 安い(マンツーマン授業8時間/1日で15万円)
  • 時差が1時間
  • フライトが短い(5時間)
  • 学校の外でも英語が使える

この4点につきますね。オンライン英会話なんかもありますが、今回はまとまった時間が取れたので、どっぷり英語に浸ろうと思って決めました。

 

日本には英語教材が溢れているし、オンライン英会話なんかもあるので、正直日本にいながらにして英語をマスターするのは可能だと思います。

 

でもマンツーマンで丸一日英語の授業受けると、学習密度が非常に高いので身になりやすいです。1日1時間で1ヶ月やるより、1日8時間で4日間やった方が、全然学習効果が高いです。コレはベルリッツの講師の方から以前に聞きましたし、自分も実感しています。

 

そもそも日本人は文法も語彙もある程度身についているのに、アウトプットが足りないんですよね。以前にマルタ共和国へ留学したことがあり、そこにはヨーロッパ圏からの留学生が多くいました。

 

ヨーロッパ圏からの留学生の方がよく英語を喋るのですが、注意深く聞いていると文法も語彙も日本人に比べて、あんまりちゃんとしてない。でも積極的に喋るから、流暢に感じられる。日本人はモゴモゴしてて、あんまり喋れない人にしか見えない。

 

単純に日本人が積極的に英語を喋ればいいだけの話なんですよ。でも日本にいると英語でアウトプットする機会がほとんど無いんですよね。ならば、無理矢理でもアウトプットしないといけない環境を作ろう!とセブ島までやってきました。

 

こちらの先生方は発音もキレイだし、親切だし、来て良かったです。ベルリッツだとたまに教材読むだけの先生に当たったりするんですが、そんなことも今のところありません。まあ、まだ1日目なので、この辺は改めて詳しくレポートしますね。 

 

では、今日はこの辺で失礼します。

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆