おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

【フィリピン】セブ島で学んだ 英語学習 7つのルール

こんにちは!セブ島で語学留学中のおにぎりです!まだ2日目ですが、楽しいです!

 

こちらの語学教室は日本のと大きく違うなと感じます。文法の正しさにこだわらず、とにかくトライする事に重きをおいているので、思い切り英語で話すことができる。

 

発言するたびに文法や発音を直されたら、誰でもやる気をなくしますよね。日本だと「失敗しないこと」にフォーカスされているけど、こちらだと「トライすること」がポイントで、間違っていてもOKOKなので本当やりやすい!

 

「自分の頭の中にある考えをまず英語にする」ってことができてから、「文法的に正しい英語を話す」って順番のようです。まあ、よく考えたら子供が母国語を習得する過程でも同じですよね。

 

英語学習をする上で、大事な7つのルールを教わったのでシェアします!学習の継続にはマインドセットを整えるのが一番大事なので、ぜひご参考にどうぞ!

 

セブ島で学んだ 英語学習 7つのルール

f:id:onigiri777:20180618182528j:plain

  1. Speak English. (とにかく英語で話す)
  2. Listen carefully. (注意深く聞く)
  3. Review the lesson or topic. (授業の内容やトピックを振り返る)
  4. Practice or use what I have learnt. (習ったことを練習する、実際に使う)
  5. Learn more. (学びに終わりはない)
  6. Always belive that I can! (自分だけはいつでも自分の味方。自分を信じよう!)
  7. Never give up! (決してあきらめない)

 

 「とにかく英語で話すって、ブロークンイングリッシュが話せても意味ないじゃん」と思うかもしれません。わたしも最初は「こんな英語でしゃべってて練習になるのかなぁ。なんで先生は正しい英語にすぐ直してくれないのかなぁ」と思っていました。

 

けれど、英語で話す訓練を長時間やっていると、「英語で話す」 →「 文法の誤りに気づく」 → 「言い直す」ってサイクルがだんだん早くなるんですよ。文法の誤りに自分で気づける回数も多くなる。

 

多分最初は「英語で話す」ってタスクをこなすだけで精一杯だったのが、だんだん慣れてきて、自分の話していることを耳で聞いて修正するってことが出来るようになっているようです。

 

コレを続けていけば、もうちょっと流暢に英語が話せるようになるかも。。。と、ちょっと期待しちゃってます。たった1週間の語学留学ですが、どれくらい効果が出るのか検証して見たいと思います。まとめてレポートしますので、どうぞお楽しみに!

 

f:id:onigiri777:20180618212101j:plain

これはフィリピン人の先生オススメのビール Red HorseとSan Miguel。適当に買ったご機嫌そうなスナックと一緒に頂きます!ビールは苦手なのですが、何事も経験ですw

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆