おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

【書評物語】働きたくないけど、お金は欲しい 遠藤洋さん

スポンサーリンク

こんにちは!おにぎりです!転職したばっかりですが、働きたくありません。いや、もっと正確に言うと、働きたくないけど、お金は欲しいです。

 

 

はじまりはストロングゼロ

働きたくないけど、お金は欲しい!

働きたくないけど、お金は欲しい!

働きたくないけど、お金は欲しい!

 

仕事帰りにストロングゼロを飲みながら、ブツブツ呟いているおにぎりの肩を、誰かが叩きました。

f:id:onigiri777:20180716165430j:plain

宗派とかよく分かんないんだよね

エライでかい人です。しかも全身金色。若干ヤバイ人かもしれません。何か頭尖ってるし。おにぎりは適当に話を合わせつつ、スキを見てズラかろうと思いました。

 

でかい人:お主、働きたくないけどお金が欲しいんだな?

おにぎり:あっ、イヤイヤ、そんな人間のクズみたいなことは決して。。。

でかい人:隠さんでもよい。まる聞こえじゃ。

おにぎり:あの、酔った勢いでつい。お金は労働の対価と思っております。

でかい人:働かなくてもお金が儲かる方法があっても、まだ働くか?

おにぎり:教えろください!ていうか吐け!今すぐ吐けオラァ!!!

 

たまにはマンガも読みたくなったらこちら

 

働きたくないけど、お金が欲しいの☆

f:id:onigiri777:20180716164546j:plain

おにぎりは目を覚ましました。枕元にはストロングゼロの空き缶が散乱しています。二日酔いで、頭が割れるほど痛いです。

 

飲みながら寝ちゃったんだ。。。私ってほんと人間のクズだわ。。。

 

もうこうなったら人間のクズオブクズになってやろう。朝から迎え酒じゃ。

 

おにぎりは、飲み残しがないか確かめるために、ストロングゼロの空き缶を拾い上げました。

 

すると、空き缶の下から一冊の本が出てきました。

 

 

本の1ページ目をめくると、こう書いてありました。

朝起きた時、「その日、自分がやりたいこと」ができるようになって、ようやく人は人生のスタートラインに立つ。 

 

おにぎりは泣きました。

 

わたし、朝から「自分がやりたいこと」が最後にできたのが、いつだったかすら覚えてない。。。

本当は朝からストロングゼロなんか飲みたくないのに。

いつからこんな人生になったんだろう。

いつまでこんな人生を続けるんだろう。

 

おにぎりはシクシク泣きながら、本のページをめくり続けました。

 

読んでいるうちに、頭の中の霧が晴れていくようでした。

 

なぜ働いても働いても自分の暮らしが楽にならないのか、

どうして自分は今まで「お金持ち」になれなかったのか、

どうして仕事ができても、年収が上がっても幸せになれないのか、

どうやったら、自分でも働かずしてお金を増やすことができるのか、

全部この本の中に書いてありました。

 

 最後のページを読み終わった後、おにぎりは獣の目になって叫びました。

 

わたし、稼げるニートになる! 働かずにお金を手に入れて、絶対幸せになる!! 

 

 

その時、都内某所では全身金色のデカイ人が、首にアイスノンを当てながら優しく微笑んでいましたとさ。 

 

めでたしめでたし。

 

マラソンを楽しむコツはこちら

 

まとめ

情報量が非常に多い本だったので、何について書かれた本なのか、エッセンスのエッセンスが伝わればと、あえて物語形式で書いてみました。

 

まとめには、「普通の書評」を簡単に書いておきます。

 

遠藤洋さんの著作、「 働きたくないけどお金は欲しい」の主要なテーマは2つ。

  1. そもそも経済の仕組みはどうなっているのか。
  2. 普通の人が経済的自由を手に入れるために、やるべきことは何か。

これらについて、分かりやすくまとめられた本でした。特に経済の仕組みは、日経新聞より全然アタマに入ってきました。

 

この本に書かれたことをキチンと理解して実行すれば、「働かずしてお金を手に入れる」、本当の自由に辿り着けるかもと感じました。

 

人生変えたいと思っている方に、オススメの本です!

 

書評物語:人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっているはこちら

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆