おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

転職の面接で受かるコツ?面接官を落とす質問!

スポンサーリンク

こんにちは!おにぎりです!

 

転職1ヶ月目で会社辞めて、また転職活動してるアラフォーです。

 

嬉しいことに面接ラッシュです。

 

今回は、面接官を落とす質問についてシェアします。面接官も人の子。面接を受かるコツの一つは、面接官に好かれるように振舞うことです。

 

 

転職の面接で受かるコツ?面接官を落とす質問!

f:id:onigiri777:20180721002520j:plain

 

面接官のタイプを見極めよう

面接官にもいろんなタイプがいますね。

 

ポーカーフェイスで淡々と質問する人

 

圧迫気味で上から目線で聞いてくる人

 

ニコニコしてるけど、本心がいまいちよく分からない人

 

落としやすい面接官は、ズバリ自己顕示欲が強そうな人です。

 

見分け方は簡単です。

 

聞いてもないのに自分語りを始める面接官、それが自己顕示欲の強い人です。

 

>転職の失敗と成功を分けるものはこちら

 

面接官を実際にどう落とす?

自分語りをする面接官に対して、「聞いてねえよ」って空気を出してはいけません。

 

もっと気持ちよくしてあげましょう。

 

具体的には「今までお仕事で一番辛かったことってなんですか?」と聞いてあげましょう。

 

これが彼らのやる気スイッチなのです。

 

仕事できるカッコいいオレの見せ所!武勇伝を語る語る。

 

おにぎりがこの技を使った時には、しまいには面接官の爺ちゃんの話にまで発展し、正直しんどかった。。。

 

しかし、面接官が自分の家族や、自分の夢など、コアな部分を語り始めたらだいぶ気持ちよくなっている証拠です。

 

そのようなエピソードは漏れなく拾って、しっかり褒めてあげましょう。

 

口では否定しますが、顔を見てください。温泉に浸かっているサルのような表情になっているはずです。

 

すかさず「〇〇さん(面接官の名前)が羨ましいです。一緒にお仕事させて頂きたいです」とフィニッシュをかましましょう。

 

その場でダイレクトな反応は無いことが多いですが、面接官のハートはこの一言で射抜かれています。

 

どういうわけか、自己顕示欲が強い人は「ロールモデル」になりたがるので、「他人に憧れられる」とメチャクチャ自尊心をくすぐられるようです。

 

もし、自己顕示欲が強そうな面接官に出会ったら試してみてくださいね!

 

20代、30代、40代の転職のリアルはこちら

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆