おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

転職で引き止められたら残る?断る?退職を迷うときの対策!

こんにちは!おにぎりです!

 

人出不足の昨今、転職を申し出ると、現在の会社から引き止められることもよくある話。

 

こんなとき、残るべきか断るべきか迷いますよね。

 

結論として、退職したほうが良いです。理由を書いていきます。

 

転職で引き止められたら残る?断る?退職を迷うときの対策!

f:id:onigiri777:20180922220831j:plain

 

引き止められたときに残らず断ったほうが良い理由① 現職に残っても昇格や昇給は期待できない

引き止められて会社に残った場合、そのあとの昇格や昇給はあまり期待できません。

 

なぜなら一度、上司に退職の意図を伝えてしまったら、「信用できない人」カテゴリに入れられてしまうんですね。

 

現時点で辞められたら現場が回らないから、引き止めはした。

 

けれども長期間にわたって働いてくれる人ではないとレッテルを貼られてしまうのです。

 

会社側は、何か気に入らないことがあったら、すぐ辞める可能性がある人を大事にはしてくれません。

 

一度「辞める」宣言をしてしまうと、社内では要注意人物になってしまうのです。

 

引き止められて、一時的には大事にされているように思えるかもしれません。

 

しかし長期的にみると、退職の意図を一度伝えた会社にいても昇給・昇格はしないので、マイナスがどんどんかさんでいきます。

 

【転職すべきか転職すべきでないか悩んだら】

 

引き止められたときに残らず断ったほうが良い理由② 異動や昇給の条件は信用できない

会社側はあの手この手であなたを引き止めようとします。

 

時にはあなたが希望する部署や、昇給など、魅力的な条件を提示してくることもあるでしょう。

 

転職してガラッと環境が変わって苦労するより、今いる会社でやりたいことができたり、お給料が上がったりする方がいいかも。。。と気持ちに迷いが出てきますよね。

 

でも、その条件はあなたが退職を思いとどまった後に、撤回されたり、最初に言っていた内容よりショボくなったりする可能性が高いです。

 

なぜならあくまで口約束でしかないから。

 

転職先の内定通知書に記載された年収や職務内容は、そう簡単に反故にされることはないです。

 

なぜならきちんと文書として明文化されているからです。

 

入社してからお給料や職務内容が全く違っていたら、書面に記載された内容を元に争うことができますよね。

 

確たる証拠を持っているので、こちらのほうが強いです。

 

しかし、引き止められたときの口約束には、何の証拠もありません。

 

転職先に断りを入れて、会社に残ったのに、引き止めされたときの口約束が実行されなくても、「そんなこと言ってない」と返されたら勝つ見込みがないのです。

 

【転職してすぐ辞めたくなったらどうする?】

 

引き止められたときに残らず断ったほうが良い理由③ 1年は転職活動が難しくなる

 

引き止められて現職に残ったけど、やっぱり不満がある。辞めたい。。。ってなったときに転職活動が難しくなります。

 

なぜなら、基本的にどの企業も転職者の応募履歴を1年間を保有しています。

 

例えば1年以内にやっぱり転職したい!となったときに、あなたの希望職種やスキルが大きく変わっているでしょうか?

 

あなたが希望する職種の業界勢力図が大きく変わっているでしょうか?

 

どんなに世の中の変化が速いとはいえ、1年ではそれほど目覚ましい変化はないでしょう。

 

その場合、あなたが転職先に希望する会社は、以前に転職したいと思って応募した会社とほぼ同じになります。

 

たいていの企業は1年以内に再度応募してきた転職者にあまりいい顔をしません。

 

転職したいと思って書類を再び送っても、1年以内の再応募であれば、書類で落とされる可能性が高いです。

 

また、面接の場でも、「どうしてこんな短期間にまた応募してきたのか」は必ず聞かれます。

 

自分の判断が間違っていたことを伝えないといけないので、答えるのが難しいですよね。

 

そんな面倒な思いをするのであれば、引き止められてもブレずに退職したほうが自分のためになります。

 

【退職!有給休暇全取得マニュアル!】

 

まとめ 転職を引き止められても断って迷わず退職しよう

最後に、転職を引き止められても、迷わず退職したほうがいい理由をまとめます。

 

  1. 現職に残っても昇格や昇給は期待できない。「不満があるとすぐ辞める人」のレッテルを貼られるから。
  2.  口約束でしかない、引き止め時の異動や昇給の条件は信用できない。後で約束を破られても泣き寝入りするしかない。
  3.  企業は1年間は転職者の応募履歴を保有している。1年以内の再応募は書類選考で落とされる可能性が高い。そのため、現職に残ったけど、やっぱりやめたい気持ちになっても、1年間は転職活動が難しくなる

 

せっかく転職活動を頑張って手に入れた新天地です。

 

引き止め工作に心を惑わされることなく、前に向かって進んでいきましょう!

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆