転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

転職するならエンジニアをおすすめ!スキルと経験は独学でカバーできるよ

転職するにあたって、「これからどの業界に転職すれば食いっぱぐれないのだろうか?」とお悩みのあなた。

 

今から転職するならエンジニアです!私は今まで3回転職しました。そのうち2回は40台になってからの転職です。過去にエンジニアをやっていたおかげで期間的には割とサクッと半月足らずで転職することができました。

 

エンジニアをオススメする理由と、未経験でも独学でカバーする方法をまとめます。

 

 

転職するならエンジニアをおすすめ!スキルと経験は独学でカバーできるよ

f:id:onigiri777:20180923215825j:plain

転職先にエンジニアをオススメする理由

IT人材は今や引っ張りだこ。新卒では電気工学系の学科出身者はまず採用できないそうです。企業側が大卒は諦めて、高卒採用を始めても、すでに工業高校には数千社の求人が殺到しているこの現実。

 

メルカリの新卒エンジニアが年収700万ってニュースもありましたが、適正価格かもしれません。転職するにあたってもIT人材を目指せば、マーケットは広いですよ!

 

新卒が採れないので、中途はさらに採れない状況になっています。企業側は本当に血眼です。

 

【転職すべきか転職すべきでないか悩んだら】

 

未経験でもスキルと経験は独学でカバーできるよ

「え、未経験でエンジニアなんて可能なの?」なんて尻込みしているそこのあなた。

 

大丈夫ですよ。

 

面接の際は「基本情報の勉強をしています」、「自分でプログラミングの勉強をしていて動くものを作って見ました」、「新技術に興味があってキャッチアップを心掛けています」とか、アピールしましょう。

 

私はバリバリ文系で新卒のときは一本指打法でしたが、数ヶ月の研修を経て無事エンジニアになれましたしね。

 

一度エンジニアとしてプロジェクトに入ってしまえば、技術力よりコミュニケーション能力が大事になってきます。

 

最低限、この3つをアピールできれば面接突破の可能性は高まると思います。

 

  1. ある程度、論理的な思考力がある
  2. 知らないことは自分で勉強する好奇心と向上心がある
  3. プロジェクトでやっていけるコミュニケーション能力がある

 

今後、IT化の波は止まることはないでしょうから、今からエンジニアに転職しておけば将来食いっぱぐれることはないんじゃないかなと思います。

 

AIがプログラミングやるようになるから、人間は要らないなんていう人もいます。しかし、AIにできるのは「正解がある問題に回答すること」だけなんです。人間のフワフワした要求を理解してシステムに落とし込むような、エンジニアの仕事をAIでは絶対に代替できません。

 

AIに仕事を奪われるなんて過度に心配する必要はありません。AIができることには限界があるし、AIが人間の代わりを全てまかなうのは不可能なのです。詳しく知りたい方は、こちらのまとめ記事をどうぞ。

【AIの限界ってあるの?!】

【AIは人間の仕事を奪うの?!】

 

まとめ 転職するならエンジニアをおすすめ!

現在の転職市場の動向として、IT人材は本当に引っ張りだこなので、サクッとエンジニアになってキャリアアップを目指していきましょう。

 

IT人材の年収や待遇を知りたければ、まずは【リクナビNEXT】に登録して、どんな求人があるかウォッチすることをオススメします。スカウト機能を使えば、企業側から求人メールが届くので、自分の市場価値も何となく分かりますよ。

 

実際に転職するときは、転職エージェントを使うことをオススメします。働きながらの転職活動って結構大変なんですよね。応募する企業研究、企業との面接日程の調整や、年収交渉と、普段の仕事に頭と時間を使わないといけなくなる。【リクルートエージェント】などの転職エージェントに登録すると、この辺の情報提供や調整もやってもらえますよ。

 

大手の転職エージェントはサービス内容には大差ないですが、一対一で対応してくれるキャリアアドバイザーの質はまちまちなので、【DODA】 【@type転職エージェント】 、【マイナビエージェント】など複数の転職エージェントに登録することをオススメします。

 

これによって質の高いキャリアドバイザーに当たる可能性が高くなります。私も転職の際には、必ず複数の転職エージェントに登録していますよ。特にIT業界に強いのは【リクルートエージェント】なので、毎回登録しています。

 

あなたの転職がうまくいきますように!

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆