おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

ひとりぼっちで孤独で寂しくて、でもそんな生き方しかできないなら

ひとりぼっちは寂しい。

 

周りの人が仲良く楽しそうにしているのに、自分は気にしないふりして黙ってうつむいている。

 

学校でもゼミでも会社でも何度も経験した。

 

みんなに嫌われてるように思えて、どこにも居場所がなくて苦しくて、いつも死にたいって思ってた。

 

 

ひとりぼっちで孤独で寂しくて、でもそんな生き方しかできないなら

f:id:onigiri777:20181005225724j:plain

ひとりぼっちが辛いから誰かとつながろうとした

 

ひとりでいるのが孤独で寂しかった。

 

ひとりぼっちだからつまらないんだと思って、友達をたくさん作った。男の人と付き合った。結婚した。

 

分かったのは、どこにいても誰といても結局、私はひとりぼっちになるんだってことだ。

 

誰と話していても、だんだん興味が薄れてくる。つまらなくなってくる。

 

自分がその場に存在していないみたいな気分になって、全然別のことを考えている。

 

オンラインのつながりも、スマホの画面から目を離せば一瞬でどうでもよくなる。

 

誰とつながっても、誰と話しても「私はこの人たちと違うんだ」としか思えない。

 

【生きづらさを生きる方法】

 

やりたくないことをやるくらいならひとりぼっちでいたい

でも孤独が嫌だからって興味や関心がない人たちに合わせるのはひどく苦痛だ。

 

考えていることと、やっていることがバラバラだと生きるのが辛くなる。

 

人の寿命は友達の数で決まるという。

 

たくさんの人に囲まれて、たくさんの人と仲良くする方が長生きするんだってさ。

 

別に長生きしたいわけじゃないから、私は一人で構わないよ。

 

【自分を知ると幸せになれる】

 

ひとりぼっちで生きていく意味

他人がいないと生きる意味がないというのなら、その人自身が空っぽなんだと思う。

 

自分が生きる意味くらい、自分で見つければいいじゃないか。

 

他人に認められないと生きていけないなんていうのは幻想だよ。

 

自分で自分の生き方を肯定すればいいだけの話だ。

 

一人が寂しいからって涙する必要はない。 

 

ひとりぼっちで孤独で寂しくても生きる意味はある。

 

家族や恋人や友達がいないから死にたいなんて思わなくても構わない。

 

ひとりぼっちでこんな風にしか生きていけないって、自分が自分をまず理解してあげなきゃ、ずっと寂しいままだから。 

 

孤独や寂しさから逃れたければ、他人とのつながりを無闇に増やすより、自分という人間を認めてあげよう。

 

私は自分で自分の生き方を認められるようになってから、気がついたら苦しさが消えていた。

 

今はもうひとりでも死にたいなんて、ひとかけらも思わない。

 

だから大丈夫だよ。ひとりでも。