おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

転職の面接での「長所・強み」と「短所・弱み」の伝え方!

こんには!おにぎりです!

 

転職の面接で、よくある質問の1つ。

 

「あなたの長所・短所は何ですか?」という質問は、自己PRのチャンスでもあります。

 

しっかり準備して、面接官に好印象を与えたいところです!

 

とはいえ、自分で自分の長所短所を言語化するのって難しいですよね。

 

この記事では、私が三回の転職を通してたどり着いた長所短所の伝え方をまとめます!

 

 

転職の面接での「長所・強み」と「短所・弱み」の伝え方! 

f:id:onigiri777:20181024231451j:plain 

転職の面接準備として、まず「長所・強み」と「短所・弱み」を見つけよう

まずは面接での回答の材料として、自分の長所と短所を見つけましょう。

 

当たり前ですが、「けん玉がうまい」とか「走るのが早い」ではなくて、あくまでビジネスシーンでの長所・短所です。

 

長所・短所を簡単に見つける方法を書きますね

 

自分の長所の見つけ方
  1. 自分が今までに仕事で成し遂げた事を書き出す
  2. 成功要因はなんだったのか考える
  3. 成功要因にたどり着くまでに自分がやったことを考える

 

自分の短所の見つけ方
  1. 他人から繰り返された指摘を書き出す
  2. 指摘された原因はなんだったのか考える
  3. 指摘される原因を作った自分の行動がなんだったのか考える

 

自分が今までやってきた仕事について、一度棚おろしをするイメージです。

 

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、この材料集めをしっかりやると、面接での回答がグッと楽になりますよ。

 

パパッと小手先で考えた回答を丸暗記しても、転職の面接では見抜かれてしまいます。

 

それに、丸暗記だと準備した回答を忘れて面接でしどろもどろになってしまう可能性もありますよね。

 

でも実際に自分の身に起こったことをベースに回答を準備していれば、記憶を頼りに、最後まできちんと話すことができます。

 

 【転職面接で上手く話すためのコツとは?!】

 

転職面接での「長所・強み」の伝え方

では転職の面接での、自分の「長所・強み」の伝え方です。

 

一番大事なのは、絶対に盛らないということです。

 

もちろん自己PRは大事なのですが、誇張しすぎると具体例を求められたときに回答できないですよね。

 

あくまで自分の体験に基づいた長所や強みを回答するようにしましょう。

 

さらに希望する職種で、自分の強みをどう活かせるかアピールできるといいですね!

 

例えば「私の強みはコミュニケーション能力です。〇〇のような部門をまたがる調整が必要な案件でも、キーマンを見つけるところから始めて、調整役を買って出ることで、案件を成功に導くことができました。もし入社させていただけるなら、御社の■■の業務で活かすことができると考えます。」

 

「活かせる強みなんかない。。。」って最初からあきらめないで!

 

求人票を読み込んで、自分の長所とリンクするところをよーく探してみると、何か一つくらい必ず見つかりますよ!

 

私は希望職種と自分とのリンクを探すときに、求人票に加えて「エージェントレポート」をよく使いました。

 

【リクルートエージェント】 に登録すると「エージェントレポート」が見れます。これは企業の社風やどんな人物が求められているか、転職エージェントがまとめた資料です。

 

求人票より、仕事内容や実際に働いている人がどんな人かが分かりやすく書かれているので、接点が見つけやすかったです。

 

 【面接対策で一番重要なこと教える】

 

転職面接での「短所、弱み」の伝えかた

「強み・長所」がある人には必ず「短所・弱み」があります。

 

「短所・弱み」があること自体はマイナス評価につながりません。だから転職面接で自分の短所を語る事をためらう必要はありません。

 

ただ、「短所・弱み」を伝える際に、絶対に注意すべき点があります。

 

自分の「短所・弱み」について、どうやってカバーしようとしているか対策とセットで伝えるようにする事です。

 

例えば「自分の弱みとしては、細かい作業が少々苦手な傾向があります。ですので、そのような作業をするときは、作業完了後に少し時間を置いてからセルフチェックする事、その上で周りの人にクロスチェックをお願いすることを心がけています。これをやることで細かい作業でもミスが減らせるようになりました。」

 

自分の弱いところもきちんと客観視できるか、仕事においてPDCAがきちんと回せるかを面接官は見ています。

 

例のような回答だと、どちらも盛り込まれていますね。

 

【逆質問に困ったときは、これを聞こう!】

 

まとめ 転職の面接での「長所・強み」と「短所・弱み」の伝え方

  • 自分の過去の仕事から、「長所・強み」と「短所・弱み」を洗い出す。
  • 自分の経験に基づいた回答がいちばん説得力がある。準備した回答を忘れてしどろもどろになる可能性も低い。
  • 転職の面接で「長所・強み」を伝えるときは、絶対に盛らない。
  • 自分の「長所・強み」を希望職種で、どう活かせるか伝えられるとさらに良い。
  • 転職の面接で「短所・弱み」を伝えるときは、どうカバーするかも合わせて伝える。

 

何にも思いつかないよーって人は、転職サイトで面接対策のページをチェックしてみるといいですよ!

 

私は、どういう観点で過去の仕事を棚卸しすればいいのか悩んでいたときに参考にさせてもらいました。

 

情報収集のために登録しておくと、企業からオファー求人が届いたりするので、自分の市場価値もなんとなく見えてきますしね。

 

転職サイトに登録して、「スカウト求人」機能をONにしておくと、自分の思わぬスキルや経験が評価されることが分かったりするのでオススメです。

 

数が見たいときは複数の転職サイトに登録したほうがいいのですが、メールがたくさん来るのがうざい人はとりあえず【リクナビNEXT】だけ入っておくといいと思います。

 

あなたの転職がうまく行きますように!

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆