おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

転職に焦りは禁物!次の仕事を早く見つけるための対処法

仕事を辞めてしまってからの転職、次の仕事を早く見つけなきゃと焦ってしまいますよね。私も経験があります。職歴のブランクはあまり空けたくないけど、思うように転職活動が進まず、いっそのこと年収や職種の希望を大幅に下げようかと考えてしまいますよね。

 

 【転職活動中の不安と焦りに負けない方法】

 

でも転職活動に焦りは禁物です。一時の不安や焦りに負けて自分を安売りしてはダメです。なぜなら年収はあなたの転職市場での価値そのものだから。年収以外にスキル獲得など重要視するものがあり、そのバーターとして年収を下げるならアリですが、そうでないなら簡単に妥協しないほうが良いです。

 

どうしても焦りや不安に押しつぶされそうなら、【リクルートエージェント】【DODA】 【@type転職エージェント】などの転職エージェントに登録して、アドバイスをもらうのもオススメです。転職のプロは的確なアドバイスをくれますよ。

 

この記事では転職がなかなか決まらないときでも、焦らず転職活動を進めて次の仕事を見つけるための対処法をまとめます。

 

 

転職に焦りは禁物!次の仕事を早く見つけるための対処法

転職に焦りは禁物 次の仕事 早く見つける対処法

自分が転職に求めることは何かを掘り下げる

あなたが転職で実現したいことは何でしょうか?前の会社より年収が高いことでしょうか。仕事のやりがいがあることでしょうか。それとも長い期間にわたって安定して働けることでしょうか。実を言うと、転職においてはこの3つのうちどれか一つしか選べません。なかなか転職が決まらない人は、あれもこれもと望みが多いため、なかなかマッチする企業が見つからないケースの場合があります。

 

自分が転職にお金、やりがい、安定のうち、どれを求めているのか掘り下げて考えてみましょう。

 

【あなたの転職理由を考えてみよう】

 

求人票の応募条件を満たしてなくても応募してみる

求人票の応募条件のスキルや経験年数が足りないので応募をあきらめていませんか?人手不足の昨今では、少々応募条件を下回っていたとしても書類をパスするケースが多いそうです。ですから応募条件を満たしてなくても、思い切って応募してみましょう。

 

その時に、応募条件に満たない部分を、どのように埋めようとしているか経歴書に盛り込んでいるといいですね。例えば、応用情報処理試験の資格が応募の必須条件だった場合には、「応用処理試験の本を●月に購入し、毎日■ページづつ学習を進めています」など具体的にやっていることを書けると、企業側に意欲が伝わりやすいです。 

 

【書類選考通過50%の私が教える経歴書の書き方!】

 

書類選考を突破する転職書類の書き方をする

転職活動がうまくいかないということは、最初の関門の書類選考で苦しんでいませんか?面接は数をこなせば上手くできるようになりますが、転職の書類の書き方はコツを知らないと書類選考通過率が上がりません。

 

【書類選考に落ちまくるときの書類の書き方!】

 

書類選考を通過していなくても、話し下手な人は早めに面接の準備をしておこう

書類選考をまだ通過していなくても、話し下手な人は早めに面接の準備をしておいたほうがいいです。相手に伝わりやすい話し方、理解されやすい話し方などを練習しておきましょう。面接で話す内容は、書類選考に受かってからの準備で十分間に合います。

 

しかし、話し方のスキルは数回練習しただけでは身につかないので、早め早めに練習しておきましょう。

 

【転職面接で上手く話すためのコツとは?!】

 

SPIの勉強は毎日コツコツ進めておく

書類選考が通ったら、企業によってはSPIを受験するように連絡がある場合も。受験期限はだいたい1週間程度です。しかし、SPIの範囲は広いので、到底1週間ではカバーできません。考え方を理解しないと解けないので、丸暗記もできません。ですので毎日コツコツSPIの勉強を進めておきましょう。

【これで足切りされない!SPI対策方法】

 

自宅でのSPI受験の際には、会場でのSPI受験とはまた違ったコツがあります。

【自宅でWebSPIを受けたのでコツ教える】

 

IT系転職者には、GAITというOS、アプリケーション、セキュリティ、DB、ストレージ、ネットワーク、仮想化の7つの分野の知識に関する知識を問う試験が課される場合もあります。こちらも出題範囲が非常に広いので、書類選考を通ってからの準備だと厳しいです。早めに準備しておきましょう。

【IT系転職者はGAIT対策をしておこう!】

 

転職のプロに相談してアドバイスをもらってみよう

一人で転職活動をしていて、焦りでどうしても落ち着かない気分であれば、転職エージェントに登録して相談してみましょう。転職エージェントが抱えるキャリアアドバイザーには、当たり外れがあるので、【リクルートエージェント】【DODA】 【@type転職エージェント】などの転複数の転職エージェントを登録することをオススメします。

 

【転職エージェント使ってみる?】

 

まとめ 転職に焦りは禁物!次の仕事を早く見つけるための対処法

  • 自分の転職の目的は「お金」、「やりがい」、「安定」のどれなのか再確認する
  • 応募条件を満たしていなくて、思い切って応募してみる
  • 書類選考を突破する書類の書き方のコツを学ぶ
  • 書類選考が通ってなくても面接の準備は進めておく
  • SPI試験は範囲が広いので毎日コツコツ勉強しておく

あなたの転職がうまくいくようお祈りしています!

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆