おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

会社の忘年会を断る理由なんて「別の用事がある」でいいんだよ

12月は忘年会の季節ですね。会社で働いていると、大抵この時期になると忘年会のお誘いがくるのではないでしょうか。飲み会が好き好き大好きな人以外は、憂うつな季節ですよね。

 

普段の飲み会と違って、何となく参加しないといけない雰囲気だけど、どうせ楽しくないし面倒くさい。でも欠席すると職場での立場が何となく悪くなりそう。どうやって穏便に断ればいいか分からない。。。なんて悩んでいませんか?

 

会社の忘年会を断る理由なんて、「別の用事がある」でいいんですよ。わたしはここ7,8年はこれで済ませています。12月は忘年会で1月は新年会と、年末年始は結局毎月飲み会のお誘いがありますが、どちらも「別の用事がある」と断っています。特に職場での立場が悪くなったりしませんよ。

 

 

会社の忘年会を断る理由なんて「別の用事がある」でいいんだよ

会社 忘年会 行きたくない 断る

時間は有限だし、失ったら絶対に取りもどせない。それでも忘年会に行く価値がある?

時間は誰にとっても等しく1日24時間です。お金持ちでも貧乏人でも24時間。イケメンでもブサメンでも24時間と有限です。そして一度失ったら絶対に取り戻せません。忘年会に参加している時間は楽しいですか?忘年会に出席したことで、自分の人生は豊かになりましたか?忘年会に出席したら仕事ができるようになるんですか?

 

全部NOでしょう。だったら忘年会に出席する時間は無駄なのです。有限で取り戻すことができない時間をドブに捨てているのと同じです。お金を払ってまで行く価値なんかありません。

 

【社会人の時間が足りない原因と対策は?】

 

自分の人生の時間を大切に使うことが「別の用事」だ

忘年会を断る「別の用事」とは、「自分の人生の時間を大切につかうこと」です。忘年会を断って早く帰って、本を読んでもよし、運動してもよし、家族との時間を大切にしてもよし。小さくても自分のために何かが積み上がること、確かな幸せを感じられることに時間を使いましょう。会社の同僚の愚痴を聞いたり、共有の話題がない上司と無理やり会話を続けたりする時間は何も生み出しません。ただ疲れるだけです。

 

【断るのに力も勇気も必要ないよ】

 

会社の人とコミュニケーションを取る最上の方法は、仕事に真剣に取り組むこと

でも飲み会に出ないと会社の人と仲良くなれない。。。と思う人がいるかもしれません。いいえ、会社の人とコミュニケーションを取るための、一番良い方法は普段の仕事に真剣に取り組むことです。どんなには飲み会の席で話が面白くても、盛り上げ上手で、適当な仕事をする人と仲良くする人はいません。

 

そして人間性が一番よく現れるのは、仕事で追い詰められたときです。そのような事態になっても、逃げずに冷静に正確に対処できる人、周りの人に誠実に対応し続けられる人が職場で信頼される人です。飲みの席での薄っぺらい会話で信頼できる人かどうかなんて判断できないでしょう。そんなものはコミュニケーションとは言えないのです。

 

【成功するために必要なのは実力じゃないよ】

 

まとめ 「別の用事がある」で会社の忘年会を堂々と断ろう!

いかがでしたか?「会社の飲み会に行きたくない、どうやって断ろう。。。」と悩んでいるあなた。ぜひ「別の用事があるので行けません」と堂々と断って、自分の人生を豊かにするために時間を使ってください。

 

どういうわけか日本では、ぼっちをバカにして、大人数でウェイウェイする方に価値がおかれます。しかし気にする必要はありません。そんな誰が作ったか分からない価値観に振り回されて、有限である自分の時間を無駄にしないようにしましょう。

 

では良いお年を!!!

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆