おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

仕事の優先度がつけられない・決められない・分からない人が簡単に判断するための考え方

仕事でたくさんやる事があると、どれから手をつけていいのか混乱しますよね。

 

とりあえず出来ることから手をつけてみたけど、全然終わらない。他にやるべき事がたくさんあるから、とりあえず今のタスクは置いておいて、他のことをやり始める。そのうち上司がやってきて「何で今こんなことしてるの!優先順位がムチャクチャじゃないか!」と怒り出す。。。

 

タスクが多くて混乱しているときに、ありがちな光景です。私も社会人になったはじめのうちは、優先順位付けが苦手でした。ですが、担当者としても管理者としても業務を経験して20年が経ち、いまではプロジェクトマネージャーとして業務をこなせるくらいになりました。

 

この記事では、誰でも簡単に優先順位が簡単に判断できる考え方をまとめます。

 

 

 

仕事の優先度がつけられない・決められない・分からない人が簡単に判断するための考え方

仕事 優先順位 つけられない 決められない できない 分からない

優先順位を判断する考え方① タスクを全て洗い出す

仕事の優先順位づけに困るということは、あなたは今たくさんのタスクを抱えているのでしょう。そのタスクを全部紙に書き出してください。頭の中で考えていると、うまく整理できないので、まず書き出して可視化しましょう。

 

わたしも1〜3日おきくらいに、やることをノートに全部書き出すようにしています。

 

【超簡単に仕事ができるようになる方法】

 

優先順位を判断する考え方② タスクの作業量とかかる時間を確認する

先ほど書き出したタスクについて、作業量と完了までにかかる時間を確認してみましょう。資料は何枚作成するのか、1枚あたり作成に何分かかるのか。もし作業にかかる時間がよく分からなければ、30分だけそのタスクをやってみてください。そうすれば、30分あたりでどれくらいの作業量がこなせるかが分かります。

 

全体の作業量 ÷ 30分でできた作業量 = 作業完了までの総時間です。

 

 【仕事を早く正確に終わらせよう!】

 

優先順位を判断する考え方③自分だけでできること、他人に頼まないといけないことを分ける

作業量と作業時間を見積もったタスクを、自分だけで終わらせられるもの、他人に頼まないと終わらせられないものに分けます。他人に頼まないといけないことは、上司に相談した上で、早めに他の人にお願いしてしまいましょう。

 

「どうして自分でできないの?」と聞かれたら、自分で終わらせようとしているタスクの作業量とかかる時間を説明してください。その上でも、他の人にお願いしようとしているタスクをやるように言われたら、上司に「どっちの優先順位が上ですか?」と確認しましょう。

 

【上司に上手く報告しよう!】 

 

まとめ 仕事の優先順位を簡単に判断するための考え方

  • 自分が抱えているタスクを全て書き出す
  • それぞれのタスクの作業量と完了までにかかる時間を確認する
  • 自分だけでできることと、他人にお願いしないといけないことを分ける
  • 上司に相談した上で、他人にお願いすることは、早めにお願いする
  • 他人にお願いしようとしていることを、自分でやるように言われたら、優先順位を確認する

 

いかがでしたか?仕事の優先順位づけは慣れないと最初は戸惑うかもしれません。けれども、上にまとめたように考え方は非常にシンプルなのです。

 

落ち着いて優先順位づけにトライしてみてくださいね。だんだん上手になっていきますよ♪

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆