おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方!出かけなくても暇しない!

年末年始・新年・正月は社会人にとっては、まとまったお休みが取れる時期ですね。1年の切り替わりということもあり、気分が引きしまる時期でもあります。

 

そんな貴重な時間を、紅白歌合戦やら初詣やら新春セールやらの既存の娯楽や習慣に割いてしまって漫然と過ごすのはもったいなさすぎます。年末年始・新年・正月の休み期間を有意義に過ごすことで、しっかり自分を充実させましょう!

 

 

年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方!出かけなくても暇しない!

年末年始 有意義 過ごし方

年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方① 読書する

良質なアウトプットは、良質なインプットから。我々は日本語で読み・書き・話し・聞き・考えます。頭脳活動においては、すべからく日本語能力が必要になります。そして、「読む」能力以上に、書く・話す・聞く・考える能力が向上することはありません。「読む」能力は頭脳活動の基盤なのです。仕事ができるようになりたければ、まず本を読みましょう。

 

年末年始に読むべき本とは

ペラペラのビジネス本は平日の通勤電車で読みましょう。せっかくの年末年始の長いお休みをそんな本のために消費してはいけません。ここは上下本くらいのボリュームある本を読むことをオススメします。「貨幣の歴史を理解するぞ!」などテーマを決めて複数の本を読むのもいいですね。

 

テーマは自由ですが、とにかく自分の視野が広がる本を選ぶことです。具体的なオススメ本を挙げておきます。

 

年末年始・新年・正月を有意義に過ごすための本① 夢遊病者たち

第一次世界大戦がいかに始まったのか。ある一国やある一人の政治家に責を負わせるのではなく、広くサラエボ、オーストリア・ハンガリーの歴史から紐解いて行く本。第一次世界大戦が始まったのは、無数の人間の無数の成功や誤り、確執の積み重ねであることが分かる。大局における人間の意思決定の非合理性について考えさせられる。プロジェクトマネージャーの仕事に興味がある人にオススメ。

 

 

年末年始・新年・正月を有意義に過ごすための本② ホモ・デウス

ご存知、サピエンス全史をものしたユヴァル・ノア・ハラリの第二作。私はSF好きなのでサピエンス全史よりホモ・デウスの方が面白かった。人間の寿命が100年を超えて延び、それ以上に到達して不老不死に手が届かんとし、テクノロジーの利益を享受して神にも比する存在になったとき、人間が人間たる意味がどこにあるのかを鋭く問う本。AI後の未来に興味がある人にオススメ。 

 

 

 

惜しむらくは、ユヴァル・ノア・ハラリがAIマンセーの思考に陥っていること。AIそんなに万能じゃないぜ。AIに何ができるか知りたい人は、こちらの本がオススメ。

本読むのがダルい人は、以前に私が新井紀子先生のAIに関するセミナーに参加したときのレポートをこちらからどうぞ。

【AIの限界ってあるの?!】

【AIは人間の仕事を奪うの?!】

 

年末年始・新年・正月を有意義に過ごすための本③ 暇と退屈の倫理学

「中動態の世界」で有名な國分功一郎さんの著作。國分さんの著作を読むにあたって、いきなり「中動態の世界」に突撃すると、撃沈する可能性が高いので、この本から始めるのをオススメします。

 

「年末年始、どこにも出かけないなんて何て暇なんだろう」と感じるあなたに退屈の正体を教えてくれます。そして人生にバラで飾るための方法も。

年末年始・新年・正月を有意義に過ごすための本④ テーマ読書

テーマを決めて複数の本を読破するのもオススメです。私は2017年の年末年始はホロコーストをテーマにして複数の本を読みました。

ホロコーストを理解するための本8冊

 

実を言うとこのテーマにした理由は単純で、ホロコーストを主題にした映画「否定と肯定」の予習として関連本を読んでいたら、止まらなくなってしまったのです。

 

例えば、漫画「キングダム」にハマったから史記を読破してみようとか、テーマ選定のきっかけは何でもいいと思います

 

年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方② 自然の中で過ごす

多忙なビジネスパーソンは普段、PCとスマホの画面を眺めっぱなし。自分でも気づかないうちに、かなり視野狭窄に陥っています。年末年始くらいPCとスマホの画面を見ない日を数日確保しましょう。

 

例えば露店風呂付きの温泉旅館なんかで、森林浴しながらゆっくり過ごしましょう。単純に物理的に視野狭窄に陥っているだけではなくて、自分の思考まで狭くなっていたことに気づくことができます。

 

年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方③ 料理を作る

平日は忙しくて食事ときちんと向かい合うこともままならない人は特に、年末年始の時間があるときには料理をしましょう。ヘルシオやホットクックがなくても、鍋・包丁・まな板・フライパンがあれば、一通りの料理はできます。

 

自分の体を作っているのは、自分が食べているものです。自分で手をかけた料理をいただくことで、自分の体としっかり向き合ってみましょう。

 

オススメの料理本はこちら。1日寝かせるスペアリブや、5日かけて熟成させるハムなど時間がかかる料理ばかりですが、結構簡単です。しかも、時間をかけた分、美味しくなるし食べたときの喜びもひとしお!私は参鶏湯とカムジャタンを作ってみました。リピート決定の美味しさでしたよ。

 

まとめ 年末年始・新年・正月の有意義な過ごし方!

年末年始はお出かけしない、一緒に過ごす人がいない、だらだらテレビを見て、何と無くネットショッピングをして欲しくもないものを買ってしまう。。。そんな自堕落な寝正月とは今年でオサラバしましょう。

 

どこに出かけなくても、一人でも、お金を使わなくても有意義に時間を過ごすことはできるのです。そして、そのような時間を使い方をした人には、知識と教養と健康という大きなリターンがあります。

 

では、良い休日を! 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆