おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

転職をする際に、親には事後報告するのがベストである理由!相談は不要!

転職について親にどのタイミングで報告するか、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。親に報告するタイミングは、「転職を考え始めたとき」、「転職先から内定をもらったとき」、「転職先に入社したとき」の3つのタイミングがあります。

 

私が考える親への報告のベストタイミングは、「転職先に入社したとき」です。事後報告の形になりますね。

 

この記事では、転職についての親への報告は、事後がベストである理由をまとめます。

 

 

転職をする際に、親には事後報告するのがベストである理由

転職 親 事後報告

転職は親に事後報告で良い理由① 事前に相談すると反対される可能性があるから

50〜70代の親の世代と、20〜40代の働き盛りの世代では働き方に関する価値観が全く違います。例えば、親の世代は「みんなが名前を知っている大企業」=「良い会社」という考え方の人が主流です。親戚の集まりなんかで、「⚫️⚫️くん、三菱商事にお勤めなの〜。まぁ〜すごいわねぇ〜」なんて、会社のネームバリューだけで褒めそやしてもらえるのではないでしょうか。

 

私も30半ばで大企業に転職したときは、母親が近所の人に「うちの娘は△△に入社しましてねぇ〜」と自慢気に話しているのを聞いて、頭が痛くなった覚えがあります。大企業から中小企業に転職しようと考えた時に、両親とは価値観が違うので相談しても反対されるだけだろうと思い、事前には話しませんでした。

 

転職に親の許可なんて要りませんからね。事後報告したときに「なにその会社、聞いたことない」と、けげんな顔をされました。「やっぱり事後報告して正解だったな」とつくづく感じました。これは良い悪いではなくて、世代間の価値観の相違なので仕方がないことです。

 

【大企業→中小企業の転職ってどうよ】

 

転職は親に事後報告で良い理由② 親に心配をかけるから

あなたが何歳であっても、親からみたら子供です。親はいつまでたっても子供が可愛くてたまらないし、なるべく辛い思いをさせたくないと願っているのです。そんな親に、転職活動を始めると事前に告げたらどうなるでしょうか。先回りしてあなたが辛い思いをしないように、反対してみたり、色々とおせっかいを焼いてくるのです。

 

親からしたら、あなたのためを思って口を出して来ます。しかし今の勤め先で働きながら、転職活動を行うのは時間も気力もすり減るので、かなりのストレスになります。その上で、親の余計なおせっかいが降りかかって来たらどうでしょうか?親の愛から発した行為とはいえ、ウザいと感じてしまいますよね。かといって冷たくはねつけると、親を傷つけてしまう。ここは余計な心配をかけないよう、親には黙って転職活動をして、さっさと内定ゲットしてしまうのがベストです。

 

【転職すべきか転職すべきでないか決める方法】

 

転職は親に事後報告で良い理由③ 親はあなたをコントロールしようとするから

家族の間には絆があります。もちろん愛もあります。しかし、それにも増して存在するのは「相手を自分の思い通りに動かしたい」という欲があります。親にはあなたに「こうなって欲しい」、「こうはなって欲しくない」という理想を持っているものです。その理想は、親が考える幸せのあるべき形なのかもしれないし、親が果たせなかった夢をあなたに託しているのかもしれません。

 

あなたが転職を考えていると事前に親に話したとしたら、親の回答には必ずあなたをコントロールしようという意図が入り込みます。ただ、あなたがそれに応える必要はありません。実家にいようが一人暮らしをしていようが、結婚していようが、あなたはもう親から独立した一個人なのです。幼い頃は、親のコントロール下にあることが、親子双方にとって満足いく関係だったでしょう。しかし、今となっては親は「力のない老人」でしかありません。

 

【転職に失敗しないために知るべきこと!】

 

まとめ 転職をする際に、親には事後報告するのがベスト!相談は不要!

ここまで見て来たように、転職に関して親には事後報告するのがベストです。身もふたもない話ですが、日本人には「稼げている人」=「えらい人」という図式が頭にある人が多いです。転職して事後報告して親が激怒したり機嫌を損ねたりしても、転職先でがっつり稼げるようになれば、文句など言われなくなります。親のことなど気にせず、自分が納得いく転職をしましょう。

 

私も大企業→中小企業に転職して、しばらく親は非常に心配している様子でした。「あんなに良い会社辞めてよかったの?」と何回も聞かれて正直面倒でした。でも、きっちり稼いでることを伝えると、態度がだいぶ変わりましたね。稼げるようになって親を安心させてあげるのが、親孝行につながるのだなと感じました。

 

転職について相談するなら転職のプロにすべき

親は「大企業」=「良い会社」と考えているので、これからの働き方についてこれません。私は会社のネームバリューは気にせず、自分が変化に適応できる人間になりたくて転職先を選びました。このような観点からの親のアドバイスは全く期待できませんでした。

 

ですので、私の場合は【リクルートエージェント】に転職の相談をしました。転職エージェントは転職のプロ。転職市場を知理ぬいているし、企業側とのパイプもあるので有益なアドバイスがもらえます。また希望にあった求人紹介、転職の全てのフェーズにおいてのサポートもしてもらえます。

 

私がリクルートエージェントを利用して転職した際の体験談はこちらの記事をどうぞ。

【リクルートエージェントを利用した体験談】

 

あなたの転職がうまくいきますように!

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆