転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

40代が転職を考えるきっかけとは?どんなときに会社を辞めようと考えるの?

40代が転職を考えるきっかけとはどのようなものでしょうか。新卒からずっと働いていたとすれば、40代はそろそろ20年近く会社員人生を送っていることになります。ずっと同じ会社にいる人だと、40代での転職は相当思い切らないと難しいですよね。また中途採用者でも、40代の転職となると「次の勤め先があるのかな」と少し不安になる人が多いのではないでしょうか。

 

20代、30代と違って、40代であれば家庭があり、住宅ローンや教育ローンを抱えている人が増えてきます。わたしも40代で転職をしましたが、転職を考えたきっかけは「今の会社にいても先が見えない」と感じたからです。

 

 

40代が転職を考えるきっかけとは?どんなときに会社を辞めようと考えるの?

f:id:onigiri777:20190210215935j:plain

40代が転職を考えるきっかけ

同年代で転職をした友人たちに、転職を考えたきっかけを聞いて回りました。

  1. 今の会社でもうこれ以上出世しないと思った
  2. 残業時間が長すぎる。給料が安い
  3. 産休・育休後に会社に戻ったら一方的に部署移動を言い渡された
  4. 急な転勤を命じられた
  5. 会社の将来が不安

 

1番目の「もうこれ以上出世しないと思った」は特に大企業に多いですね。わたしは大手銀行で働いていた経験があるのですが、ポストの数が決まっており、「〇年目で〇〇職についていないと、もう出世しない」といった暗黙の了解みたいなものが会社にあるんですね。

 

2番目、3番目は労働条件に関する不満ですね。4番目は論外ですね。急な転勤に耐えられる人材かどうか試すようなやり方は、人手があまっているような時代なら通用しました。しかし労働人口が減少の一途を辿っている現在、このように人材を平気で潰す会社は労働者の方から見限った方がよいでしょう。

 

5番目は、これも銀行の話ですね。昔は銀行員といえば花形の業界でしたが、今は規制緩和やマイナス金利により収益構造が不安定になってきています。今後会社が利益をあげられないなら、自分の給料も当然あがらないので、転職を考えるのは自然なことでしょう。

 

【40代の転職を成功させるマインドとは?】 

 

40代で転職を成功させるために考えるべきこと

 

では、40代が転職を成功させるために考えるべきことはなんでしょうか?転職のきっかけになった会社への不安や不満を解消できる転職先を見つけることですよね。しかし残念ながらすべての条件が整った会社は存在しません。存在するとしても、転職者側にもかなり高い能力が要求されます。

 

40代が転職を成功させるために考えることは、「何を捨てるか」です。捨てるものがあるから、得るものがあるのです。わたしが40代の転職で、捨ててもいいと考えているのは以下の3つです。

  1. 肩書き
  2. 年収
  3. 会社のネームバリュー

たとえば今の会社で肩書きが「課長」であっても、それは「今の会社で課長の仕事とされていることができる人」という意味でしかありません。「課長の仕事」の定義は会社によって違います。肩書きはあなたの能力も人格も何も表していません。単純に「なんの仕事ができる人か」という記号なのです。そんなものに固執するのは無意味ですよね。

 

2番目は年収。一時的に年収ダウンしても、新たなスキルを獲得することで仕事の幅を広げて稼ぐ力を身につければよいのです。後から取り返すことが可能です。

 

3番目が会社のネームバリュー。これが一番無意味ですね。大手企業だと誰もが知っているので、親戚の葬式とかだとちやほやされますが、それが何の役に立つのでしょうか。これからは個人の寿命が会社の寿命より長くなる時代です。会社のネームバリューに頼るような生き方をしていては、到底稼ぎ続ける力を持つことは難しいでしょう。

 

【40代の転職に必要なのは勇気じゃない】 

 

あなたの転職がうまくいきますように!

 

  

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆