転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

私が30代、40代で転職を決意した瞬間とその理由

転職って働く環境がガラリと変わるので、やっぱり勇気がいるもの。同じ会社の周りの人には当然転職の相談なんてできないし、転職にボンヤリとした不安を感じてしまいますよね。私は今までに3回転職をしています。一度目の転職は30代半ばのとき。2度目、3度目の転職は40歳になってすぐでした。

 

この記事では私が30代、40代で転職を決意した瞬間とその理由をまとめます。何となく転職したいなーとモヤモヤしている人の参考になれば嬉しいです。

 

 

 私が30代、40代で転職を決意した瞬間とその理由

私が30代、40代で転職を決意した瞬間とその理由

私が30代で転職を決意した瞬間とその理由

転職を決意した瞬間:上司の年収を聞いたとき

転職を決意した理由:今の会社では20年いても仕事も給料も行き止まり!と悟ったから

 

私は新卒からIT企業の入社して、10年近く同じ会社で働いていました。会社の給与テーブルが明確でなかったので、上司がどれくらいの年収を貰っているのか知らなかったんですね。ある日飲み会で同僚が「部長の年収ってどれくらいなんですかー?」と質問したのを耳ダンボで聞いていました。その上司は私より20歳くらい年上だったのですが、当時の私の年収+150万程度だったんですよ。

 

え?あと20年働いても150万しかお給料が上がらないの?

 

しかも部長職とかめっちゃ残業してお客さんに頭下げまくって、部下の世話しまくって、つまらない事務処理山ほど抱えてるのにそのお給料なの?

 

絶望しかねぇ。。。

 

当時の私は「人並に生活できて、土日に映画みたりたまに旅行行ったりできるくらい稼げればいいやー」ってスタンスで、お金にはそれほど執着がありませんでした。たいしてやりがいのない仕事を20年続けても150万しかお給料が上がらない、そんな20年後絶対に嫌!こう思った瞬間に転職を決意しました。

 

【転職すべきか転職すべきでないか決める方法】

 

私が40代で転職を決意した瞬間とその理由

転職を決意した瞬間:会社に老害が多すぎると実感したとき

転職を決意した理由:これ以上老害と戦っても状況は変わらないと悟ったから

 

30代半ばで中小IT企業→大手銀行のシステム部に転職しました。大手銀行で5,6年働いた私はある日ふとつぶやきました。

 

「うそ。。。私の会社、老害多すぎ。。。」

 

老害は既得権益にしがみつき、優秀な若手をつぶそうとし、女性社員の意見をまともに聞こうとしません。最初のうちは「自分の頑張りが足りないんだ」、「もっと丁寧に仕事をすれば分かってくれるはずだ」と思って一生懸命仕事に取り組んでいました。でもある日気づいてしまったのです。老害という人種は頭が固くて1ミリも変化する気がないことに。彼らはとにかく「今までと同じでいたい」、「これまでと何も変えたくない」と思っているのです。

 

このような保守的な「老害」は年齢的なものではなくて、若手も事なかれ主義に染まると老害と同様に人の足を引っ張るだけの存在になります。大手銀行はこのような人が多かったです。ここで業務を改善したり効率化したりして利益を上げていくのは不可能だなと感じました。今の職場で無駄な戦いを続けて消耗するより、老害がいない会社に転職した方が今後のキャリアに絶対にプラスになると考えたので転職を決意しました。

 

【転職すべきでない人の特徴3つ!】

 

まとめ 30代、40代で私が転職を決意した理由

30代:会社での仕事内容と年収に絶望して転職を決意

40代:会社の老害の多さにウンザリして転職を決意

 

↑↑↑が私が転職を決意した理由です。30代は転職したことで仕事の幅も広がったし、年収もアップしました。40代の転職では老害がおらず風通しの良い会社に移ったので、提案や意見も聞いてもらえるようになりました。裁量権も増えたので、仕事がしやすくなりました。

 

私が転職を決めた理由はとうてい転職の面接で話せないものです笑 しかし誰しも「社会に貢献したい」とか「自己実現したい」とか崇高な目的で転職するわけじゃないんですよね。お金や人間関係など、卑近な欲求が満たされないから転職を考えるのもアリだと思います。それで環境が変わって不満が解消されれば、人生の満足度が上がるわけですからね。

 

【リクルートエージェントを利用した体験談】

 

この記事が転職に対してモヤモヤしているあなたの参考になれば嬉しいです。

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆