転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

短期離職でも転職に成功するコツ・方法を、転職先を1か月で退職し3週間で再就職した私がまとめる【体験談】

短期離職を考えている人、短期離職をしてしまった人は、これからまた転職活動を始めることになります。短期離職がハンデになるのでは。。。同じ事を次の転職でも繰り返してしまうのでは。。。と不安になりますよね。実は私も転職先を1ヶ月で退職した経験があるので良くわかります。

 

でも私は3週間程度の転職活動を経て、前以上に良い会社に転職することができました。現在では、転職してから半年ほど経ちます。大変なこともあるけど、仕事は楽しいし、一緒に働いている人たちは優しいし、満足度の高い会社人生を送っています。

 

短期離職だからといって、次回の転職を過度に怖がったり、不安に感じたりする必要はないですよ。この記事では短期離職しても、スムーズに内定ゲットするコツ・方法をまとめます。

 

この記事はこんな人のために書かれています

  • 入社してすぐに会社を辞めたくなったけど、退職後の転職活動が不安な人
  • 短期離職職したけど転職活動が上手くいっていない人

 

この記事ではこんなことが分かります

  • 短期離職したくなる心理と対策
  • 短期離職をハンデにせずに内定を獲得する方法
  • 転職エージェントを利用して、転職に成功する方法

 

短期離職でも転職に成功するコツ・方法を、転職先を1か月で退職し3週間で再就職した私がまとめる 

短期離職 転職 成功 コツ 方法 退職

まだ短期離職していない人が転職する前に考えるべきこと 

試用期間中の入社後1ヶ月目でも会社を辞めることはできる

たいていの会社では試用期間が3ヶ月~6ヶ月と定められています。ですので入社後1ヶ月だと、ほぼ全ての転職者が試用期間中になるでしょう。試用期間中に会社を辞めても良いかどうかですが、もちろん退職することには何の問題もありません。試用期間中の退職を制限するような法律は存在しません。入社してから経過した時間がどれだけ短くても、いつでも辞めることができます。

 

【会社辞めたい!転職したくて泣けてくるときに】

 

転職してから半年間は誰でも辛いという事実を知って冷静になろう

入社後1ヶ月程度の短期離職を考えているということは、今の仕事があなたにとって、とても辛いものだということでしょう。私も転職直後は鬱病寸前になるほど辛くてたまりませんでした。だから今の仕事が辛い、しんどいと思うあなたの気持ちはとてもよく分かります。しかし一つ知って欲しいことがあります。それは転職してから短くて3ヶ月長くて半年の間は、たいてい誰でも死ぬほど辛いということです。決してあなただけが辛い思いをしているわけではないし、転職後の職場に馴染めない・仕事についていけないという状況は起こって当然のものなのです。

 

転職後に辛いと感じてしまうのは何故か、どのように対処すべきかはこの記事にまとめましたので参考にしてもらえると嬉しいです。

【転職後の辛い時期、どう乗り切る?】

 

転職して実現したいことが、今の会社で叶えられないか相談してみよう

そもそもあなたが転職した理由は何だったのでしょうか?年収アップしたい、もっとワークライフバランスをとりたい、やりがいのある仕事をしたい、などなど、あなたなりの動機があって今回の転職をしたのだと思います。それは今の会社では絶対に叶えられないことなのでしょうか?

 

今の職場が辛い!退職したい!と思っているときは、視野が狭くなっています。社内で知っている人も少ないので、相談できる相手もいないですしね。しかし入社してまだ半年も経っていない状況で、本当にあなたがやりたいことが今の会社では絶対にできないと確信できますか?自分ひとりの頭で考えていると、「もう辞めるしかない!」って考えになってしまうのは仕方がないことです。

 

私は短期離職する前に、転職エージェントに相談しました。客観的に状況を見てくれる人、しがらみがない立場で相談に乗ってくれる人が欲しかったんです。おかげで「自分がやりたい仕事がここでは絶対できない」、「このまま今の会社にいたら、精神的にやられる」と確信できたので退職に踏み切りました。転職エージェントに相談したからといって、無理に転職を勧められることはありません。「今の会社に残ったほうがいい方には、ハッキリそうお伝えします」と私の担当キャリアドバイザーは言っていました。

 

ぜひ自分だけで悩まずに、客観的に状況を見てくれる人に相談してみてくださいね。ひょっとしたら第三者から見れば、あなたの状況も「少しガマンすれば、今の会社でやりたいことが実現できるのに。。。」という風に見えるかもしれません。

 

【転職してすぐ辞めたくなったらどうする?】

 

短期離職することのリスクと問題点を知ろう

短期離職する前にリスクと問題点を知っておきましょう。どの会社も一度採用した人にはなるべく長く働いてほしいと思っています。アップオアアウトで人の出入りが激しいと言われているコンサルティグファームですら、従業員を長期雇用したがっています。ですので面接では「長く働いてくれそうな人か?」が重要な評価軸になります。

 

しかし短期離職をしてしまうと、「嫌なことがあったら、またすぐ辞めてしまうのでは?」という疑いをもたれるリスクがあります。また、離職してから転職活動をする場合、活動期間が3ヶ月を超えると「就労意欲が低いのでは」、「どの会社でも取ってもらえないような人なのでは」と、勘ぐられて書類選考通過率がどんどん低くなります。

 

仕事を辞めて3ヶ月以上転職活動を続けている状況で、書類選考通過率が低下していく。精神的にも経済的にも追い詰められそうですね。こんな状況だと、恐らく最初に内定をもらったところにホイホイ転職してしまいそうですよね。それが本来なら、自分が選ばないようなレベルの会社だったとしても。。。

 

でも、そんな会社に入ったらミスマッチで苦しむのは目に見えていますよね。また短期離職を繰り返してしまうかもしれません。このように短期離職を一度してしまうと、再び繰り返してしまうかもという問題点があります。

 

【私が転職後の辛い時期を乗り越えた体験談】

 

仕事を辞めずに在職中に転職活動が可能か考えてみよう

色々考えた、転職エージェントに相談してみた、でもやっぱり会社を辞めたい!場合には、仕事を辞めずに転職活動が可能か考えてみましょう。やはり仕事があって毎月のお給料がある状況だと、精神的に安定するんですね。私は退職の意図を会社に伝えてから転職活動を行ったので、ほぼ無職のような状態で活動していました。面接のたびに胃がキリキリしましたし、不安で夜寝られないこともザラでした。断言します、無職は精神に良くありません。勤め人にとって毎月のお給料は空気のようなものでしょうが、空気がなければ人間は死ぬのです。

 

わたしが短期離職を決めたのは、地方のクライアントの案件につかされそうになったからです。本当は在職中に転職活動をしたかったのですが、地方のクライアントの案件についてしまうと、土日しか転職活動ができない状況になってしまいます。転職エージェントに土日しか転職活動ができない状態は、あまりに不利だと言われたので、早期退職に踏み切りました。わたしは退職してから転職活動をするしか選択肢がなかったのですが、在職中に転職活動ができる人は、ぜひそちらを選ぶことをおススメします。

 

「在職中に転職活動をする時間なんてない!」と思うかもしれません。しかし転職エージェントを使えば、求人を紹介してもらえるし、面談日程調整、年収交渉などかなりの部分をエージェントがサポートしてくれます。転職エージェントを利用すると、自分一人で転職活動するよりも、時間を節約することができますよ。

 

【仕事やめてからの転職活動ってどうなの?】

 

すでに短期離職した人が転職に成功するためのコツ・方法

短期離職した人は転職活動で必ずしも不利になるわけではない

短期離職したら必ず転職活動で不利になるわけではありません。私も1ケ月で退職したときは、「すぐ辞めたから転職活動でかなり苦労するんだろうな」と悲観的になっていました。しかし転職エージェントに相談しにいったところ↓↓↓という情報を貰って、かなり勇気づけられました。

  • どこの業界でも、どんな職種でもすぐ辞める人はいる
  • 決断力がある人、変化に対応できる人と高い評価をする会社もある
  • 年齢が上がると転職経験がない方が不利になる

 

【転職中の無職期間を乗り切ろう!】

 

「短期離職」イコール「転職活動において不利」ではありません。実際に私が短期離職して転職活動をしたときは、41歳でしたが書類選考通過率が50%でした。短期離職したからといって気弱にならず、自分が希望する会社をどんどん受けていきましょう。

 

【書類選考通過50%の私が教える経歴書の書き方!】

 

短期離職の面接を通過するためには「またすぐ辞めそう」と思われないこと

人を採用するにはコストがかかります。一度採用したらなるべく長く働いてほしいと会社側は思っています。 短期離職した人は、どうしても「嫌なことがあったらすぐ辞めちゃうんじゃないかな」と警戒されるんですね。ですので、採用担当者の警戒心を解いてあげましょう。

 

 具体的には面接のときに、実際の業務について、どんどん突っ込んだ質問をすること。実際の業務を想定した質問をすることで、採用担当官に「本気でウチの会社に興味を持って働きたいんだな」、「しっかり入社後のギャップを防ぐ努力をしているな」という印象を与えることができます。

 

質問を考える方法は、ごく簡単です。求人票を読み込んだり、転職エージェントに話を聞いたりして、実際の業務について把握し、自分だったらどう振舞うか考えれば、質問事項はたくさん出てきます。特にわたしが参考にしたのは、【リクルートエージェント】のエージェントレポートです。これは【リクルートエージェント】が独自に作成している、求人を出している企業に関するレポートです。

 

レポートには、その会社では実際にどんな業務をしているか、どんな働き方をしているか、どんな社風かがリアルに描かれています。自分が転職希望先で働くことになったらどんな感じかな?と想像するのに、かなり役にたちましたよ。例えば「社員の8割がリモートワークで働いています」とエージェントレポートに書かれていたら、「転職者はどうやって仕事を教えてもらえばいいのかな?」、「情報共有はどういう方法でやるのかな?」、「出社する日はどうやって決めるのかな?」など、さまざまな疑問が沸いてきますよね。

 

【面接対策で一番重要なこと教える】

 

短期離職をハンデにせずに内定をもらうコツは、退職理由に「やりきった感」と「自責」を混ぜること

短期離職をハンデにせずに内定をもらうコツは、退職理由の説明方法にあります。以下の2つの退職理由を比較してみましょう。

 

A:「前職では自分が希望したプロジェクトにつくことができませんでした。入社前に聞いていた話と全く仕事内容が違っており、それが非常に不満でした。周りの人も冷たくて誰も手助けしてくれませんでした。こんな会社で働き続けても将来がないなと思って退職を決意しました」

 

B:「前職では自分が希望したプロジェクトにつくことができませんでした。直属の上司に相談しても状況が変わらず、同じ職位の方に確認しても、基本的に個人の希望でプロジェクトを選ぶことは不可能とのことでした。そのため早期ではありますが退職を決意しました。事前に確認が至らなかった点については自分でも反省しています。」

 

会社側が転職の面接で確認しようとしているのは、「自発的に仕事ができる人か」、「長く働ける人か」の2点です。ではAの回答とBの回答を比較したときに、どちらの人が自分から積極的に仕事をしてくれて、かつ長期にわたって勤めてくれそうでしょうか。それはもちろんBですよね。

 

転職直後に会社を辞めた人は、どうしても「嫌なことがあったら、またすぐ辞めてしまうのでは」と色眼鏡で見られます。それを払しょくするためには、「前職での不満を解消するために、自分がやるべき事はやりきった」という情報を退職理由に盛り込みましょう。

 

また、「長く働ける人かどうか」を判断する基準の一つとして、「他責傾向か自責傾向か」というポイントを会社側は見ています。他責傾向があって、悪いことは何でも自分以外のせいにする人は、協調性が低く、周囲の人とうまくやれないので人間関係でトラブルを起こしがち。職場で人間関係を上手く保てない人が、一つの職場で長く働くことは難しいですよね。だから他責傾向がある人は、会社側から敬遠されてしまいます。

 

短期離職を決意したということは、前職で何か耐え難いことがあったから。私も転職前に聞いていた仕事と全く違う仕事を押し付けられたり、社長がパワハラだったりしたので、我慢できずにやめてしまいました。でも転職面接では前の会社を非難するようなことは一切口にしませんでした。「前職では〇〇があった。それが退職理由です。事前に確認が至らなかった点について反省しています」と答えていました。

 

このように 退職の事実だけ淡々と述べて、最後は自責で締めるのが、短期離職した人の退職理由の説明としてはベストです。私は半月程度の転職活動で、アッサリ内定をゲットすることができました。

 

しかし私と同時期に会社を辞めた同期は、転職面接で前職の悪口を言いまくった結果、転職活動を半年以上も続けていましたからね。これだけが原因ではないかもしれませんが、他責傾向が見て取れる人はなかなか採用されづらいのが現実なのです。

 

【転職面接で面接官が本当に聞きたいこと】

 

転職をギャンブルにしないために転職エージェントを使おう

私が短期離職をしたときは、転職サイトから直接企業に応募して転職しました。その結果、1ケ月で退職するというヒサンな目に会いました。完全にギャンブルで負けた状態です。敗因は事前の情報収集が不足していたことです。短期離職後は、「同じ間違いを繰り返さないようにしよう!」と、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに相談しつつ転職活動を進めました。

 

驚いたのは、キャリアアドバイザーとの面談で「前職の会社さんは、正直業界であまり評判が良くないんですよねぇ。。。」と言われたことです。事前にその情報を聞いておけば、前職の会社に入社することもなかったのに。。。

 

同業他社ならともかく、異業種の会社の情報なんて一般人には入ってこないですよね。転職サイトの一般公募求人に書かれた内容をうのみにするしかありません。そして当たり前のことですが、一般公募求人って転職者が喜びそうなことしか書いていません。やはり正確な情報は、実際に働いている人に確認するのが一番です。ただコネがないと実際に働いている人にアクセスするのは難しいですよね。

 

その場合には転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーから情報をもらいましょう。キャリアアドバイザーは、それぞれ特定の業種や職種について精通している転職のプロです。また転職先に入社した人たちを対象に、半年後に満足度アンケートを行っているので、実際に転職した人たちが会社でどのような働き方をしているのか、満足できているのかを知ることもできます。

 

 求人票の内容だけを信用して転職すると、結果的にギャンブルになってしまう可能性があります。私と同じ失敗を繰り返さないように、ぜひ転職エージェントに登録してしっかり情報収集しながら転職活動をすすめてくださいね。

 

【リクルートエージェントを利用した体験談】

 

まとめ 短期離職でも転職に成功するコツ・方法

まだ短期離職していない人が転職に成功するコツ・方法

  • 転職直後は誰でも辛いもの。3ケ月から半年程度は辛い時期が続くことを知って冷静になろう。
  • 辛い思いをしているときは視野が狭くなりがち。信頼できる第三者に相談して、状況を客観的に見てもらおう
  • 転職するなら在職中に進める方ことをオススメします。勢いで辞めずに転職エージェントを利用して効率的に転職活動を進めよう。

 

もう短期離職した人が転職に成功するコツ・方法

  • 短期離職したからといって、転職活動で不利になるわけではない。
  • 転職面接では、転職先の仕事に強い興味を持っていることをアピールして「またすぐ辞めそう」と思われないようにしよう。
  • 退職理由は会社の悪口だけにしないこと。必ず前職でやるべきことは全部やったことと、自分が至らなかった点を退職理由に混ぜよう。
  • 転職をギャンブルにしたくなければ、転職エージェントを利用して、しっかり情報収集をしよう。

 

転職エージェントは複数登録がおススメ!

在職中の人も、退職すみの人も、再び短期離職をしないよう、転職エージェントに相談してしっかり情報収集をしましょう。転職エージェントに登録して面談したからといって、必ず転職をしないといけないわけではないんです。転職に関する相談だけでも受けてもらえますよ。ただ担当になるキャリアアドバイザーとの相性もありますので、複数の転職エージェントに登録して、何人かのキャリアアドバイザーに相談することをおススメします。

 

私は3回転職しましたが、毎回【リクルートエージェント】【DODA】 【@type転職エージェント】の3つの転職エージェントに登録していますよ。 【リクルートエージェント】 が一番的確でビシビシしたアドバイスをもらえました。【DODA】 は割と優しめです。【@type転職エージェント】は親身に話を聞いてくれました。

 

大手の転職エージェントのサービス内容は、それそれ比較してもそれほど優劣はないのですが、自分にとって合うキャリアアドバイザーに会えるかは運です。 自分に合ったキャリアアドバイザーに巡り合える確率を上げるために、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

 

 

あなたの転職が上手くいきますように!