転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

転職すべき?尊敬できない上司がいるから会社辞めたい!職場が辛すぎる。。。

自分の上司が尊敬できない、信用できないのって辛いですよね。「この人自分のことしか考えてない」、「私の話を全然聞いてくれない」、「すぐに感情的になる」こんな上司と毎日職場で顔を合わせるのって本当にストレスですよね。

 

きちんと部下の気持ちを理解してくれて、適切に指導してくれて、常に落ち着いている上司なら尊敬できるのに!あなたの気持ちも分かります。昔は私もそう思っていました。しかし、そのような理想の上司は想像上の生き物です。現実界には存在しません。どこの職場に行っても出会えません。ジャマにならない上司くらいはいますけどね。。。

 

では尊敬できない上司がいて、会社辞めたい!ってなったときはどうするべきでしょうか?取るべき道は2つしかありません。

尊敬できない上司から逃れる方法

  • 上司を超える
  • 転職する

 

 

転職すべき?尊敬できない上司がいるから会社辞めたい!職場が辛すぎる。。。

転職すべき?尊敬できない上司がいるから会社辞めたい!職場が辛すぎる。。。

職場で尊敬できない上司の特徴3つ!

あなたが上司を尊敬できない理由

  • 自分のことしか考えてない
  • 部下の話を聞いてくれない
  • すぐに感情的になる。態度に出す

この3つが上司を尊敬できな主な理由ではないでしょうか。カルビー元会長松本さん曰く、「上は3年で下を見、下は3日で上を見る」と言っています。上司が部下を知るには3年かかり、部下は3日で上司を見抜くということです。尊敬できる上司かどうかは、部下は3日で分かってしまうんですね。

 

なぜ部下はこんな短期間で上司を見抜くことができるのでしょうか?それは上司が部下からどう見られるかを気にしないからですよね。部下は常に上司から評価されることを意識して、上司の前では言動に気を配っている。でも上司は好き放題に行動しているのです。


【イラっとするバカ上司はどう扱えばいいの?】

 

上司が尊敬できないのは当たり前

 部下にどう評価されるか気にしない上司の能力や人間性は、すぐに部下に分かってしまうもの。そしてたいていの人は上司が尊敬できないと、幻滅してしまいます。しかし、上司が尊敬できないのは当たり前なんですね。

 

ピーターの法則をご存知でしょうか?能力で評価される組織において人間は、自分の能力の限界まで出世できます。つまり有能な平社員で課長レベルの能力を持っている人は、課長まで出世する。有能な課長で部長レベルの能力を持っている人は、部長まで出世する。つまり課長レベルで止まっている人はもう出世の余地がなく、無能な課長というわけです。こうして中間管理職はどんどん無能な人間ばかりになっていくのです。

【上司の指示が曖昧すぎて辛いときの対応法!】

 

上司から逃れる方法 その1 上司を超える

さて尊敬できない上司から逃れる方法ですが、一つ目は上司を超えることです。無能な尊敬できない課長であれば、上司を超えて部長になればいいのです。そこで障壁になるのが、いまそこにいる尊敬できない上司ですね。なぜなら自分の上司から評価されない限り、会社において昇進はできないですから。そこで必要になるのがボスマネジメントです。

 

ボスマネジメントが不可欠

「上司を超える」と決めたあなたにとって、上司はもはやあなたの世話を焼いたり、導いてくれる人間ではありません。上司は雑巾のように使うものです。上司を立てつつ上司を上手く使い倒しましょう。俗にいうボスマネジメントですね。ボスマネジメントについては、これらの記事にまとめていますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

【上司に好かれて評価される簡単な方法】

【上司に上手く報告して仕事ができる人になろう!】 

 

盗めるものは全て盗む気持ちで

無能な上司とはいえ、平社員よりは有能なはずです。あなたは今の上司の仕事を全部肩代わりして実行することができますか?できないなら、あなたは上司から学ぶべきことがあります。盗めるものは全て盗むつもりで上司を観察しましょう。

 

【仕事ができるようになるコツは数値化!】

 

上司から逃れる方法 その2 転職する

上司から逃れる方法の2つ目は転職です。ただ転職を考えるときには、上司との関係だけでなく、もう少し視野を広げて考えることをオススメします。会社にいるのは上司とあなただけではないので、目線を上げてみるともっと別の可能性が見えてくるかもしれませんよ。 

一緒に仕事したい人が誰もいないなら転職すべき

 上司のみならず、今の会社で誰も一緒に仕事したい人がいない、「こんなふうになりたい」と思える人がいないのであれば転職を視野に入れるべきです。なぜなら、朱に染まれば朱くなるということわざのとおり、人間は周囲の人たちから大きく影響を受けるからです。一緒に仕事したくない、見るべきところがない人ばかりと毎日職場ですごしていたら、あなたも尊敬できない、うだつの上がらない上司のような人間になってしまいます。

 

【転職に失敗しないために知るべきこと!】

 

転職前にしっかり情報収集を

とはいえ転職はまだまだ人生の一大事なので、転職前にしっかりと情報収集をしま しょう。自分に合った仕事があるか分からない場合には、【リクナビNEXT】などの転職サイトに登録し、スカウト機能をONにしておきましょう。スカウト機能とは、あなたのスキル、希望業界などの情報を登録しておくと、企業側から自動的に求人が届くシステムです。企業側があなたを見つけて、ぜひ転職してくださいとスカウトしてくるんですね。スカウトメールが来るということは、会社側はあなたに適正があると判断してくれているのです。あなたに向いた仕事である可能性も高いですよ。

 

また現職よりレベルの高い会社からのスカウトメールが来ると、自信にもなりますよ。

 

【転職すべきか転職すべきでないか決める方法】

 

転職エージェントは徹底利用すべき

今よりいい仕事があるか分からないというのは、転職市場での自分の価値がどれくらいあるか分かってないということです。ただ普通に会社勤めをしていると、会社の外の評価にさらされることがありません。会社員が自分の市場価値を知らないのは、仕方がないことです。ここは転職市場を熟知している転職エージェントに相談してみましょう。

 

【転職エージェントに転職相談したらどうなる?】

 

大手の転職エージェントのサービス内容は、それそれ比較してもそれほど優劣はないのですが、自分にとって合うキャリアアドバイザーに会えるかは運です。 自分に合ったキャリアアドバイザーに巡り合える確率を上げるために、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

 

【リクルートエージェントを利用した体験談】

 

あなたの仕事人生が実り多いものになりますように!

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆