転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

ジムに通い続けるための3つのコツ!スポーツジムで筋トレを継続するのは誰でもできる!

ダイエットや運動不足解消目的でジムに入会したけど、数回通っただけで面倒になっていかなくなった。気がついたら月会費だけ無駄に払ってしまっていた。。。こんな経験はありませんか?ジムに通うのは難しい、自分はフィットネスクラブで筋トレを継続できるほど意志が強くない、なんて思い込んでいませんか?

 

実はジムに通い続けられるかは、意志の問題ではありません。ちょっとした3つのコツを実践するだけで、スポーツジムでの筋トレを継続することは可能です。その3つのコツとは、①便利な立地のジムを選ぶ、②筋トレの基礎を学ぶ、③運動の理論を知る。これだけです。この3つさえ押さえられれば、誰でもジム通いを継続することができますよ。

 

 

ジムに通い続けるための3つのコツ!スポーツジムで筋トレを継続するのは誰でもできる!

ジムに通い続けるための3つのコツ!スポーツジムで筋トレを継続するのは誰でもできる!

ジムに通い続けるためのコツ① 自宅or会社から徒歩圏内のジムを選ぶ

ジム選びで一番大事なことは立地です。なぜなら人間の意志は弱いからです。アクセスが悪いジムだと、「今日は雨だからいいか」、「出かけるのが面倒くさいからやめとこう」などの理由で通わなくなってしまいます。ジムに行くのに意志の力が不必要になるくらい、自宅や会社から近いジムを選びましょう。もし自宅や職場からの徒歩圏内にジムがないなら、せめて駅直結のジムにしましょう。

 

【アラフォー女が2年半筋トレした結果】

 

ジムに通い続けるためのコツ② 筋トレの基礎を学ぶ

ジムに通うなら、最初の半年はパーソナルトレーナーについてもらって、トレーニングメニューを組んでもらいましょう。なぜなら初心者がいきなりジムでマシンを使って正しい筋トレをするのは、ほぼ不可能だからです。まずマシンの使い方が分からず、戸惑ってしまうのではないでしょうか。youtubeに筋トレをレクチャーしてくれる動画もたくさんありますが、初心者が見てもアレを正確に再現するのはまず無理です。

 

最初はプロのトレーナーさんに正確なフォーム、自分にあったウェイト、目的にあったトレーニングプログラムを教えてもらいましょう。マシンの使い方や、筋肉の動かし方をマスターしてから自分一人でトレーニングを始めることをオススメします。間違ったマシンの使い方をしたり、自分にあっていないウエイトでトレーニングすると、変な筋肉のつき方になるだけでなく、怪我の可能性もあります。一見遠回りに見えますが、急がば回れです。

 

あと、やはりプロのトレーナーさんは「やる気」にさせるのが上手いです。筋トレの楽しさも教えてもらえるのが、トレーナーさんにお願いする最大のメリットです。

 

【プライベートジム トータルワークアウトの良かったところまとめ】

 

ジムに通い続けるためのコツ③ 運動の理論を知る

あなたがジムに通う目的は何でしょうか。

体力をつけたい?

筋肉増強したい?

ダイエットしたい?

運動不足を解消したい?

 

ジムに通う目的は人それぞれでしょう。そして、自分の目的をジムで達成できるという手応えがないと、ジム通いは続かないものです。まずはジムでの運動の理論にどのようなものがあるか正確に知りましょう。こちらの「ジムに通う前に読む本」をぜひ手にとってみてください。

漫然とジムで運動していても、目的は達成できません。運動の理論を理解して実践し、結果を検証して実戦にフィードバックする。その繰り返しでしかジム通いの効果は現れないのです。理論というと難しそうに思えますが、サクサク読めるわかりやすい本ですよ。

 

【筋肉を育てたい?それならサラダチキンは卒業だ!】

 

まとめ ジムに通い続けるための3つのコツ!

ジムに通い続けるための3つのコツのおさらいです。

  1. 自宅 or 職場から徒歩圏内のジムを選ぶ
  2. 筋トレの基礎を学ぶ
  3. 運動の理論を知る

これらを実践した上で、無理せず楽しむことが継続のコツです。人間誰しも20代を過ぎると、筋力などの身体機能が低下していきます。そして体力の衰えを本気で感じ始めるのは55歳を超えた頃と言われます。できれば早めに運動を始めて、歳を取っても毎日ハツラツと過ごせる身体でいたいですよね。

 

ジム通いは短期的なダイエットやボディメイクのためだけでなく、体力の低下を食い止め、体力を向上させる効果があります。ぜひこれらのコツを試してみてくださいね!

 

あなたのジム通いが続きますように⭐️

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆