転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

会社に苦手な人・嫌いな人・敵がいてストレス!もう辞めたい!退職に追い込まれる前にどう対処すべき?

転職理由の一番上位に来るのは「人間関係」と言われています。職場にイヤな人がいると、それだけで会社に行きたくないですよね。実際に私の同期は、人間関係が原因で退職に追い込まれてました。この同期は直属の上司が元々嫌いだったのですが、上司の嫌がらせがエスカレートし、ついに言い争いになって転職の決意を固めたそうです。「この会社ホントやばい!イヤな奴ばっかり!特にあの上司マジで頭おかしい!」と怒り狂っていました。

 

私は赤べこのように頭を上下に振りながら、「それはひどいね」を連発していました。一方で頭の中では全く別のことを考えていました。実を言うと、私は転職して以来、嫌いな人は一人もいないのです。ただの一人もいないのです。同じ時期に入社して同じような仕事をしているのに、この差は何でしょうか?

 

正直に申し上げますが、私はコミュ障です。初対面の人と話すのは面倒なので苦手だし、友達は片手で数える程しかいません。むしろ会社を辞める同期の方が、彼氏はいるし友達は多いし、しゃべりも上手いです。ではなぜ同期にとって会社は嫌いな人ばかりで、私にとってはそうではないのか?それは私が「会社に嫌いな人・イヤな人・敵を作らないスキル」を身につけているからです。この記事ではそのスキルをシェアします。

 

 

会社に苦手な人・嫌いな人・敵がいてストレス!もう辞めたい!退職に追い込まれる前にどう対処すべき?

この同期は、直属の上司が元々嫌いだったのですが、ついに言い争いになって転職の決意を固めたそうです。

人間関係は一度こじれてしまうと、なかなか修復が難しいもの。毎日顔を合わせて仕事をしないといけない会社ならなおさらです。距離を置く、時間を置くことができないのですからね。傷が治りきる前に、カサブタをはがしているようなものです。悪化してもよくなることはありません。そもそも会社で苦手な人・嫌いな人・敵を作らないようにするのが重要です。ではそのためのコツを書いていきます。

 

会社に苦手な人・嫌いな人・敵を作らないためにするべきこと

まず会社における危険度を知ろう

会社における危険度でいうと、苦手な人 < 嫌いな人 < 敵 です。後になるとどんどん危険度が高まります。敵にまでなってしまうと、こちらを積極的に攻撃してくるので、会社の居心地が地獄なみになるのは当然ですね。

 

嫌いな人は黄色信号です。このレベルになると自分の思考が停止してしまいます。「怒り」の感情に囚われると、我を忘れてキレてしまうのと同じです。「嫌い」という感情に囚われて、正常な判断ができなくなってしまうのです。「嫌い」という感情が肥大化していき、その人を見るだけでさらに嫌いになります。やがて相手があなたに嫌われていることに気付き、相手もあなたを嫌いになり、ついには敵になるというBAD ENDが訪れます。

 

【あした会社に行きたくない人へ】

 

人間関係は苦手な人→嫌いな人→敵の順番で悪化する!苦手な段階で対処が必要

健康を保つためには、病気になってから治療したのでは手遅れです。普段から病気を防ぐような生活習慣を心がける必要があります。それと同じで会社でのQOL(生活の質)を低下させる敵や嫌いな人を作らない心がけが大切です。いきなり嫌いな人や敵が会社で現れる訳ではなく、苦手な人→嫌いな人→敵の順番で悪化していくのです。要するに「苦手な人」の段階で対処が必要です。「苦手な人」の段階での対処とは、まずは「苦手な人」と雑談をしてみることです。

 

【言いたいことをうまく伝える簡単な方法】 

 

苦手な人と雑談をすることが対処法になる理由

会社に苦手な人・嫌いな人・敵ストレス 会社辞めたい 対処法 イライラ 

unsplash-logo kazuend

苦手な人と話すのは苦痛ですよね。わかります。しかし苦痛に感じるのは、「相手と仲良くしないといけない」と思っているからではないでしょうか。苦手な人と仲良くなる必要はないんですよ。会社は友達を作る場所ではないですしね。

 

ではなぜ苦手な人と雑談をするのか?それは相手がどのように現実を認識しているか知るためです。私たちは、同じ会社にいて同じ仕事をしているから、同じ現実を見ていると思いがちです。でもそれは全くの誤りです。あなたの部屋に金魚鉢があるとしましょう。あなたから見た部屋と、金魚から見た部屋は全く同じでしょうか?同じはずはないですよね。金魚と人間に見える世界が全く違うように、あなたに見えている世界と他の人に見えてる世界は違っているのです。

 

【コミュニケーションのカギは抽象度!】

 

私たちはみんな歪んでいる

私たちの現実認知は歪んでいます。一人の例外もありません。しかし「似たような歪み方」は存在します。そして「似たような歪み方」をしている人は味方、「自分と違う歪み方」をしている人は変わった人・苦手な人・嫌いな人・敵と感じます。もうお分かりですね?あなたが苦手と思っている人は、あなたとは違う歪み方をした人なのです。

 

苦手な人がどのように現実を捉えているのか知りましょう。どんな不合理で理解できない言動をする人にも、その人にはそれをする合理的な理由があるのです。それを知ることで、「苦手」という感情は少しづつ消えていきます。それと同時に自分の認知がどう歪んでいるかも観察してみましょう。意外と相手を「苦手」と感じる原因は自分にあったりします。

 

【自分を知ると幸せになれる】

 

会社に苦手な人・嫌いな人・敵を作らないために読むべき本

私も以前は会社に嫌いな人だらけの時期がありました。ものすごく悩んで色んな本を読み漁り、効果がありそうなものを実行することで「会社に苦手な人・嫌いな人・敵を作らないスキル」を少しずつ身につけていきました。言いにくいことですが、苦手な人・嫌いな人を無視したり関わらないようにする対処法ではこのスキルは身につきません。そして苦手な人や嫌いな人は、転職しても新しい会社に必ずいます。なぜならあなたと違う認知の歪みを持っている人は山ほどいるからです。

 

「会社に苦手な人・嫌いな人・敵を作らないスキル」を身につけるために読むべき本3冊をあげておきます。嫌な人がいない会社生活を送ってみたい人はぜひ手に取ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆