転職力&仕事力向上ブログ おにぎりだもの

人生100年時代を精神的にも肉体的にも経済的にも、自由に自分勝手に楽しく生き抜くためのブログです。

仕事で言うこと聞かない部下がいてしんどいときに上司がやるべきこと

上からはプレッシャーをかけられ、下からは突き上げられ、板挟みでペッチャンコ寸前の中間管理職の皆さんこんにちは!私の現場のマネージャーをやっているので、お気持ちはよく分かります。特に部下が言うこと聞いてくれない時って、しんどいですよね。最近、部下とのコミュニケーションが上手くいかず、マネージャー側がうつ病になったり、部下の側が退職しちゃったりしたケースを立て続けに見ました。ここまで事態が悪化する前に、上司がするべきことをこの記事でまとめました。

 

突き詰めれば人間には「快」/「不快」の2種類の感情しかありません。上司であるあなたを「不快」と思っているから、部下はあなたの思い通りに動かないのです。部下のあなたへの思いを「快」に持っていくことが、部下に言うことを聞いてもらえるようになるポイントです。そのポイントを押さえるためのテクニック3つをまとめました。ぜひ試してみてくださいね!

 

 

仕事で言うこと聞かない部下がいてしんどいときに上司がやるべきこと

仕事で言うこと聞かない部下がいてしんどいときに上司がやるべきこと

仕事で言うことを聞かない部下への対処法① 一日最低1回は対面で話す

部下とのやりとりをメールだけで済ませていませんか?働き方改革でリモートワークなどが進み、対面でやりとりする機会がどんどん減っています。資料のレビューもメールで部下から送付されたものをチェックして、コメントを返送するだけになっていませんか?

 

メラビアンの法則というコミュニケーションの法則があります。人が対面で話すときに、言語(話し言葉)と非言語(話し方、抑揚、姿勢など)の2種類のコミュニケーションが起こっています。対面コミュニケーションの情報の割合としては、言語が10%、非言語が90%とされています。つまり非対面のやりとりだと、コミュニケーションで伝達される情報が非常に限定的になってしまうのです。部下とのメールのやりとりが何となくトゲトゲしくなってきたら、コミュニケーション不全が起こっているサインです。

 

一日に最低1回は部下と対面で話す機会を持ちましょう。15〜30分くらいで構わないので、今日やること・直近1週間くらいでやること・進め方・困っていることなどについて部下とざっくばらんに話しましょう。え?部下の態度がムカつくし、めんどくさい?あなた役職者でしょう。めんどうくさい仕事の分は、すでにお給料と肩書きをもらっているのですから、自分から部下と積極的にコミュニケーションを取りましょう。

 

【仕事ができない部下への対処法】

 

仕事で言うことを聞かない部下への対処法② ありがとうと感謝する

先に書いたように、人間には「快」/「不快」の2種類の感情しかありません。そして人間に一番快感をもたらすのはどのような行為だと思いますか?それは苦しんでいる人を助けてあげた瞬間、誰かの役に立てたと感じられた瞬間なのです。部下にその感情を感じさせてあげましょう。

 

部下が何か作業をしたら、その作業をやってくれたことに対してまず「ありがとう」と伝えましょう。部下がやってくれたことについて会議などで言及するときは、「これ部下さんがやってくれた〇〇なんだけど〜」と部下の実績をアピールしましょう。これを続けていれば、必ず部下の態度は軟化します。自分に「快」の感情を与えてくれる人間のことは、好きにならずにはいられないものなのです。

 

【人間が最も幸せを感じる瞬間とは】

 

仕事で言うことを聞かない部下への対処法③ 弱みを見せる

部下があなたの言うことを聞かない理由、それは部下があなたに弱みや失敗を見せたくないからです。あなたに負けたくない、あなたに劣っていると思われたくないと言う気持ちが、部下にそのような行動を取らせています。ここであなたがとるべき行動は、部下より自分が優れていると見せつけることではありません。これをやると部下はさらにあなたの言うことを聞かなくなります。

 

あなたがするべきことは部下に弱みを見せること。この世の中に完璧な人はいません。誰にだって弱点はあります。一人ではどうすることもできない課題を解決するために、組織は存在します。同じチームに所属しているなら、あなたも部下も同じ課題を解決するために存在しているはずです。お互いの弱点を見せ合って、お互いにそれを補い合って組織として問題の解決に進んでいく。それが上司であるあなたが部下を導くべき方向です。

 

「相手に弱みを見せたら仕事がうまくいかないじゃないの?」と思う人は「なぜ弱みを見せあえる組織が強いのか」を一読することをオススメします。部下を変えよう、なんとかしようという目線より少し上の、「組織として強くなるには?」と考えるきっかけになる本です。部下と小競り合いしていたって昇進できませんからね。一つ上の目線から考えるクセをつけていきましょう。

 

 

【部下の信頼を得る方法】

 

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆