おにぎりだもの

よしなしごとをつづっています。

雑に自分の2021年を振り返る

f:id:onigiri777:20211231201057p:plain

 

今日で2021年が終わる。普段と同じような毎日の繰り返しでも、一年の終わりと思うと、何か区切りをつけないといけない気になってくる。だから雑に「わたしの2021年」を振り返っておこう。

 

コロナウイルスワクチンが打てた

2020年3月くらいから、コロナウイルスが蔓延して緊急事態宣言の発令・解除が繰り返された。陰キャだからリモートワークにもステイホームにもすぐ慣れたけど、いつ自分もかかるかもとの不安は大きかった。それが2021年の7月には待ちに待っていたワクチンが打てた。

 

ワクチン接種後も自粛生活は続けたけど、安堵感は大きかった。日本のコロナ対策の混乱ぶりや、ワクチン接種開始の遅れなど、国としての課題は色々あった。でもコロナ死者数は他国より全然少ないし、ノーマスクデモもないし、日本は相対的に平和な国と再認識した。

 

両親がひどく老いていた

家族全員ワクチン接種が終わったので、2年ぶりに実家に帰った。18年間飼っていた犬は死んでいた。両親はひどく老いていた。特に父親はこの2年で2回も入院したとのことだった。ペットロスと、両親の老いに直面して、しばらくは毎晩涙が止まらなかった。

 

久々だから1週間以上の休みをとって実家に滞在した。そして悟った。もう私は田舎に帰るのは無理だ。退屈すぎて死ぬ。景色は美しい、ご飯は美味しい、人は優しい。でも無理。「アーリーリタイヤして親の介護して、親を看取った後は自分はピンピンコロリで死ねたらな」とかフワフワ考えていたのだが、絶対無理ということが分かった。遠距離介護の本を読んで、来るべき日に備えるしかない。

 

今のところ親も老いたとはいえ元気なので、遠距離介護の進め方の相談など、鼻にも引っ掛けてくれないのが悩みだ。まあなるべく元気でいてくれた方が嬉しいけどね。しかし、誰でも等しく老いて死ぬ。死と税金からは誰も逃れられぬ。こればっかりは避けて通れないのだから腹を括るしかない。

 

貯金が500万増えた

2020年にコロナ禍が始まってからの1年半くらいで500万貯金が増えた。今まで節約や倹約に興味がなかったけれど、コロナ禍で外出を自粛するようになって、お金を使う機会が減り、勝手に貯金が増えた。消費とはただの習慣であることを身を持って理解した。リアルでお金を使わなくなると、ネットでも買い物をするのが面倒になった。お金って使わないと貯まるんだーとバカみたいな感想を持った。

 

マネーリテラシーが爆上がりした

2020年末くらいから投資を始めた。最初は何を参考にして良いか分からず、億トレ本なんかを読んでいたのだが、日経新聞を真面目に読んだり、投資塾に入ったり、簿記3級をとったりと、自分なりに勉強を重ねた結果、マネーリテラシーが爆上がりした。「爆上がり」の基準は、自分で投資関連の情報の取捨選択ができるようになったことである。いや、ほんと世の中に溢れている投資本とか節約本とか9割ゴミですから。

 

本屋に平積みしてある、かわいい動物の絵がついた「猿でもわかる投資信託!」みたいな本を読むよりは、自分のOSをアップデートできるような本を読むべき。

 

今年出会えたOSアップデートに役立つような本は⇩の3冊。

 

 

 

 

投資ではなくて、お金の貯め方、使い方については下記の本がオススメです。

 

仕事で壁にぶつかった

仕事で壁にぶつかった。これまでは目の前に仕事があって、それを自分のスキルを高めつつ、使ってこなしていくフェーズだったけど、これからは仕事をとってこなきゃいけない。自分が今現在ついているお客さんが事業拡大してて、景気良ければいいけど、渋いお客さんだと、他から仕事をもらってこないといけない。なんか新しいサービスを立ち上げて、仕事をとってくる。これまでやったことない。けど結局仕事を作れる人が一番強いから、これができるようにならないと、次に進めない。これは来年の課題。

 

人生を変えるには多分一年じゃ足りない

振り返ってみると、今年も特筆すべきことがなかった一年だった気がする。長年生きてきて何となくわかってきたけど、人生を変えるには1年じゃ足りないんだろう。進路を大きく変えるには、少しずつの変化と積み重ねが必要だ。そういう意味で、将来に向けて、少しだけいい変化ができた1年だったかもと思う。

 

 

今年もあと数時間で終わる。1年じゃ変われないなら、もう少し先まで見据えて行動する年にしよう。そう思って3年連続手帳を買った。向こう3年がより良いものになりますように。