おにぎりだもの

人生100年時代を自分勝手に楽しく生き抜くための雑記ブログです。

【Redcord】内転筋を意識する トータルワークアウトでレッドコード5回目 

レッドコード@トータルワークアウト5回目です。トレーニング前日にハーフマラソンをかましたことが、幸いして(?)カラダの癖が分かりやすくなっていると、レッドコード氏に言われました。骨盤は右にずれて、左足は開いているとのこと。

 

というわけで、理想の姿勢を目指してレッドコードでトレーニングです。

 

内転筋を意識する

f:id:onigiri777:20170929085718j:plain

  Nicolas Barbier Garreau

 

今日のテーマは内転筋でした。内転筋は足で着地するとき、外にぶれないよう、腿の内側で押さえる筋肉です。うーん、難しい。足を上げるのは意識できるけど、着地の意識ってあんまりないんですよね。

 

横を向いた状態で宙吊りにされ、上側の足の内転筋を使って、お尻をあげます。骨盤が右にずれる問題が自然と出てしまい、レッドコード氏に骨盤が逃げないように手でホールドしてもらいました。

  内腿キッツイ。。ていうか。。。なんかいる!
「内転筋があるってことがわかりました?」
  コクコク!!

 

内転筋は脳からの指令で使えるものじゃなくて、頚椎からの神経で動くので、意識して動かすことはできない。つまり、指みたいに「人差し指曲げよう!」(意思)→指が曲がる(運動)という流れで内転筋は動かせないんだそうです。

 

足の蹴り、足の引き上げ等々の内転筋を使う運動を、内転筋の存在を意識しながら練習することで、結果的に内転筋を動かせるようになる。と教えてもらいました。

あくまで、内転筋を使う体の動きを習得することで、結果的に内転筋を動かせるようになると。今回のレッドコードでは、内転筋を意識することができたので、まずは一歩前進かな。

普段から、「座るときに骨盤を立てて内転筋を寄せる」とよいとアドバイスをもらいました。トレーニングだけでなく、日々の生活でも内転筋を意識できたら、進化が早そうです。

 

お昼は全粒粉バンズ+赤身肉のハンバーグをいただきました。コレがうまうまでした。リピしようっと!

IMG_2319

twitterでもゆるーく情報発信しています。

フォロー宜しくお願いします☆